ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ティム・バーバー/Tim Barber 「Blues」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Pond, 2014
traditional cyanotype

 

Time Barber, Heron, 2015
traditional cyanotype

 

ユカ・ツルノ・ギャラリーでは、ニューヨークを拠点に活躍する写真家ティム・バーバーの個展『Blues』を、2015年10月10日〜11月14日まで開催する。

今回ユカ・ツルノ・ギャラリーでの4回目の個展となる『Blues』では、iphoneで撮影した画像をサイアノタイプと呼ばれる技法でプリントした、美しい青色の作品群を展示。このシリーズは2015年5月にニューヨークのアニエスベー・ギャラリーにて初公開され、高い評価と好評を博した。本展では、様々なサイズによって構成される一連のシリーズに新たなイメージを加えて発表する。初日となる10月10日には、来日中のバーバーを囲んでオープニングレセプションを開催。当日は作家本人によるアーティストトークのほか、モノグラフ「Blues」(アニエスb.ギャラリーデュジュール)のブックサイニングを行う。また、同日より青山のアニエス・ベーでも「Blues」の一部が展示され、限定トートバッグも販売される予定だ。

作家コメント
「私が覚えている最初の芸術関連の思い出の1つは、小学生の頃に墓地に行き、薄っぺらな新聞印刷用紙の上から墓石を木炭で擦って型を取るというものです。そして後になって、高校生のときに暗室で密着印画を作成中にそのことを思い出しました。その時、この2つの作業が関連のあるプロセスだと気付き、写真と古代の製版の間に1本の線のようなつながりを見い出したのです。私は常に、写真とは3次元の現実を非常に細かく摺り写したもの、つまり、跡を変換したものと考えています。こうした考えから、私はこの新しい一連の作品のために伝統的な青写真法を再び取り入れようと考えたのです。iPhoneのカメラで撮影したデジタルソースイメージと、この青写真法が交差することで何が起こるかは興味深いものでした。私はこれらのプリントを、木炭を用いて原版を擦ってできた再変換の痕跡として見ているのです。」

作家プロフィール
ティム・バーバーは、1979年バンクーバー生まれ、西部マサチューセッツ州育ち。現在はニューヨークを拠点に活動しています。写真家であると共にキュレーターとしても知られているバーバーは、「Vice Magazine」のフォトエディターとして活躍後、ライアン・マッギンレー、アリ・マルコポロス等の人気写真家からニュージェネレーションの作家までが作品を寄稿するオンラインギャラリーとイメージアーカイブのサイト www.tinyvices.com を立ち上げ、その後のアート界に大きな影響を与えました。
バーバーが独特の鋭い審美眼で捉える、一見無造作な場面の中に混然と潜む繊細な美しさには、謎めいたナラティブな要素が織り込まれ、その主題はポートレイトからランドスケープまで多岐に渡ります。バーバーはファッション誌など商業分野でも活躍し、いまNYで最も勢いのあるフォトグラファーとして人気を集めています。
http://www.tim-barber.com/

開催概要
ティム・バーバー「Blues」
会期:2015年10月10日(土)~11月14日(土)
アーティストトーク&ブックサイニング:10月10日(土)17:00-18:00
オープニングレセプション:10月10日(土)18:00-20:00
会場:YUKA TSURUNO GALLERY
東京都江東区東雲2-9-13-2F
開廊時間: 火 – 土 11:00 – 19:00
yukatsuruno.com 

同時開催
ティム・バーバー「Blues」
会期:2015年10月10日(土)~11月14日(土)
会場:アニエスベー青山店
東京都港区南青山5−7−25 ラ・フルール南青山
営業時間:11:00~20:00
www.agnesb.com

 

Yuka Tsuruno gallery presents ‘Blues’ by New York based photographer Tim Barber, from Saturday, October 10th to Saturday, November 14th 2015.

‘Blues’ will be Barber’s fourth exhibition held at Yuka Tsuruno Gallery. The beautiful blue photos that will be exhibited are images taken on an iPhone and then printed using cyanotype technique. This series were first shown in New York’s agnes b. gallery in May 2015, receiving high acclaim. In this exhibition images of various sizes from old and new series will be on display. On the opening day of October 10th, a reception will be held for Barber who will also hold an artist talk and also book signing of the monograph ‘Blues.’ (galerie du jour agnes b.) Also on the same day at agnes b. store in Aoyama, selected pieces from ‘Blues’ will be exhibited and also limited edition tote bags will be on sale.

Artist statement 
One of my earliest art-related memories is from elementary school, going to a cemetery making charcoal rubbings of grave stones on flimsy newsprint. I remember thinking about it later on making contact prints in the darkroom in high-school, realizing it was a related process, making the linear connection between photography and archaic printmaking. I’ve always liked thinking about photos that way, that they are like very detailed rubbings of three dimensional reality, translations of impressions. It was this train of thought that brought me back to working with traditional cyanotypes for this new body of work. I was interested in what would happen in the intersection between the digital source images, taken with an iPhone camera, and this archaic blue-print process. I see these prints as re-translated impressions, charcoal rubbings of their originals.

Artist Profile
Tim Barber was born in 1979 in Vancouver Canada, grew up in Western Massachusetts, and now lives in New York City. Known equally for his curatorial practice as he is a photographer, Barber is the former photo editor of Vice Magazine, and the mind behind the hugely influential on-line gallery and image archive www.tinyvices.com.
Tim Barber is known for his elegantly composed observations that locate complex beauty in the seemingly mundane. His images create interwoven narratives that are as generous to the viewer as they are mysterious. From portraits to landscapes to narrative scenes, Barber approaches all of his subject matter with a palpable delicacy. Barber also shoots for fashion magazines and commercials, gaining more popularity as NY’s edgy photographer.
http://www.tim-barber.com/

Exhibition Overview
Tim Barber, Blues
Date: October 10 – November 14, 2015
Artist talk & book signing: Saturday, October 10, 17:00-18:00
Opening reception: Saturday, October 10, 18:00-19:00
Venue: YUKA TSURUNO GALLERY
Open hours: 11:00-19:00, Tuesday – Saturday
yukatsuruno.com 

Other Venue 
Tim Barber, Blues 
Date: October 10 – November 14, 2015
Venue: agnes b. Aoyama boutique
5-7-25 Minami Aoyama Minato-ku, Tokyo
Open hours: 11:00-20:00
www.agnesb.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP