ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

試合終了まで諦めなかったバスケ選手。残り0.4秒で起こった奇跡とは?(動画)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

01 2015-09-27 12.49.30

ピリオドや試合終了の直前に放たれたシュートが、残り0秒となった後でネットを揺らす「ブザービーター」。拮抗した試合では、このラストショットが決まるか否かで結果が大きく左右する、言わばバスケットの華だ。例えば、こんな感じのカッコよさ。

ノールックで
ブザービーター!

爽快でカッコいい、奇跡のショットを画像を追ってご紹介。

スクリーンショット 2015-09-27 12.17.52

残りタイムはわずかに0.4秒。レフェリーからボールを受け取り、サイドラインぎりぎりにポジションを取る前線のパワーフォワードめがけてローングパス。

スクリーンショット 2015-09-27 12.18.13

レジェス選手にボールが…渡った!しかし、体勢が流されサイドアウト寸前。なおも時計の針は進む。

スクリーンショット 2015-09-27 12.18.30

一か八かで背面シュート。体勢を崩しながら中空でシュートを放ったレジェス選手。

スクリーンショット 2015-09-27 12.16.09

その刹那、レフェリーのタイムアップを告げるブザーが鳴り響く。誰もがボールの行方を目で追う。

スクリーンショット 2015-09-27 12.16.27

「シュパッ…」ゴーーーーール!!
観客一同総立ち!奇跡のブザービーターを決めた選手に駆け寄る仲間たち。

ところが…よく見れば、
一方的なワンサイドゲーム

スクリーンショット 2015-09-27 12.17.25

と、劇的なシュートが決まったこの試合。スペイン、プロバスケットリーグで無類の強さを誇り、2014年〜15年シーズンで、同国のバスケット史上初となる四冠を達成した「レアル・マドリード」の公式試合の一場面。相手は「La Bruixa d’Or(FCバルセロナ)」。じつは、動画のスコアーをよく見るとわかる通り、スーパーシュートを決めたのはレアル。しかも、第2Q終了時点とはいえ、点差は23点差。このシュートが決まり26点差にまで開くという、言ってみれば一方的な試合展開。そんな中で生まれたスーパーゴールだったというオチ。

サッカーばかりに目が行きがちだけど、それに次ぐ超人気スポーツがバスケ。ここでも、レアルは銀河系軍団のようだ。

Licensed material used with permission by ACB.COM

関連記事リンク(外部サイト)

超有名サーファーが大会中にサメに襲われた瞬間!でも、パンチして撃退!?
世界が感動した「プロサーファーの失格」。その理由とは?
カラダにいいと思われているけど、実は時間の無駄である「5つのコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。