ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本を出版したアイドル 親が「ゴーストライター誰?」に絶句

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイドルが本を出版するというとまず思い浮かぶのは写真集、ブログなどをまとめて写真に少しだけ文章をつけたフォトブックなど。ところが、最近はベストセラーになった『逆転力 ~ピンチを待て~』(指原莉乃著)のように、アイドルだって文字ばかりの書籍も出版します。初の単著『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)出版にあたり、アイドルでライターの姫乃たま氏が遭遇した驚くべき出来事を振り返ります。

 * * *
 自分の単行本『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』を、出版社からいち早く受け取って帰宅し、少し得意げに両親に見せると、真っ先に「ゴーストライターってどんな人?」と目を輝かせて聞かれ、この人達はなんて恐ろしいことを言うのだろうとおののきました。

 それもこれも1984年にフジテレビ系列の生放送番組「オールナイトフジ」で、松本伊代さんが自著である『伊代の女子大生 まるモテ講座』について、「私もまだ読んでないんですけど」と発言し、笑いと話題を呼んだためだと思われます。そして私は、今でもアイドルの本は他人が書いているという考えが世の常識であることに気が付きました。

 実際に活動してみると、最近のアイドルは知名度の差を問わず、ブログを始めとするSNSに文章を書くことが仕事の一環となっています。これまでのアイドル史の中でも、最も執筆行為と密接な関係にあるのです。

 現在でも多忙なアイドルの書籍では、他者が取材をして書き上げる口述筆記の方法がとられていますが、AKB48を卒業した仲谷明香さんは『非選抜メンバー』(小学館101新書)を自らの手で書き上げたことが話題になりました。「非選抜メンバー」と言えど、AKB48のメンバーですら自分で書いているのに、無名の地下アイドルである私がゴーストライターにお願いできるわけが(予算的にも)ありません。

 私は『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』を出版するまで、タイトルの通り地下のライブハウスで歌いながら、自分の活動をブログやSNSでひっそりと広報し続けてきました。途中で、熱心なファンの方以外にもブログを読んでもらうためには、文章をきちんと書く必要があることに気が付き、さらにアイドルファンでない人も読めるように専門用語や、近しい人にしかわからない話題は極力避けるようになりました。

 そうするうちに雑誌やネットメディアから連載の依頼をいただき、その延長として書籍を出版するに至ったのです。

 書籍を執筆する際、アイドルを考察した本(『幻の近代アイドル史: 明治・大正・昭和の大衆芸能盛衰記』(笹山敬輔、彩流社)等)は参考にしましたが、これまでに出版されたアイドル本人の書籍は参考にできませんでした。自分が書いている文章に、前例がなかったからです。

 ブログ以外のメディアに公開された私の文章は、第一に現役の地下アイドルが客観的に業界を見ていることが、第二に業界に疎い人にもわかってもらおうと書かれた文章が、珍しいとされて反響がありました。そして私は自分のいる地下アイドル業界が、想像以上に世間に知られておらず、魅力が伝わっていないことに気が付いたのです。

 地下アイドルはアイドルの枠にとらわれず、様々な活動ができることも魅力のひとつです。私は地下アイドルとして執筆業にも身を置くようになりました。いくつも地下アイドルに関する記事を書き、取材を受けました。

 しかし、私には大きな悩みがありました。文字数に制限のないように思われるネットメディアから「ユーザーが読まない」という理由で、週刊誌と同じように、枕営業などの奇抜な内容の短い文章を依頼されることが多かったのです。時に「暴露系アイドル」と呼ばれることも増え、本来の目標であった「地下アイドル業界の魅力を伝える文章」からは遠く離れる仕事も、しばしば出てきました。

 しかし同時に、エキセントリックな内容でなければ、はなから見向きもされない現状にあり、葛藤が続きます。

 私は、知名度が高くなくても懸命に活動する地下アイドルと、彼女達を応援するファンの、熱気や、滑稽にも見える愛嬌を伝えたくて文章を書き始めたのです。暴露や内部告発のためではない、と、胸の痛む日々が続きました。

 書籍には週刊誌に書き立てられているようなアイドルの枕営業事情や、テレビのドキュメンタリーで映されているような過酷な生活を送るアイドルの姿などのブラックな実態も書きました。それから、ライブハウスで歌うことから始まった私の活動が、丸6年という期間を経て書籍を発売するまで、どのように変化してきたのか。様々な観点からの業界の考察、等々。

 一冊の本をまとめて読んだ時、意外なことにじんわりと業界への愛や、魅力に惹かれる気持ちが再燃しました。直接的には書いていないけれど、私が伝えたかった地下アイドルやファンや業界の魅力が、すべてを読むと思い出されてきたのです。本の中から一章だけ取り出して読んでもわからなかったことです。本を書いてよかったと、心から思いました。

 よく、地下アイドルとして活動していると「どうして過酷なのに辞めないのか」という質問が寄せられます。それは私を含む地下アイドルが、業界で自分の居場所を探している途中だからです。居場所は有名になることとは、また別の場所にあります。私は地下アイドルとして文章を書くことが、いまのところ最も自分に合っていると思って本を書きました。そして無名の地下アイドルである私が本を出版できたのは、何よりも地下アイドル業界のおかげなのです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
地下アイドル好き女性が女性なのにアイドル応援する感覚語る
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP