ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3.11を契機に価値観が変化 都心から地方への移住が人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 このたび終了した連続テレビ小説『まれ』(NHK)は、家族で石川県能登に移住するところから始まる。いろんなブームが凝縮されたドラマと言われてきた。『あまちゃん』のような母娘確執、ヒロインの仕事が、憧れの職業として人気急上昇中のパティシエなど、挙げたらキリがない。

 NPO法人ふるさと回帰支援センターの代表理事・高橋公さんはこう説明する。

「2002年から活動してきて、今年で13年目になりますが、移住の相談件数が活動開始当時は月に20~30件だったのが、今年は7月だけで2600件以上にもなりました」

 2008年のリーマン・ショックの頃から、20代の相談件数が増えたという。

「私は団塊の世代ですが、私が若い頃は、集団就職で汽車に乗ったりして上京していました。“東京に来たらきっと何かがある”と思ってね。ところが今は、いい大学に入ったって、卒業しても一般の企業でも正規社員になれるのは6割。年収200万円以下が1400万人もいるといわれているのが現状です。だから若者たちは自分の可能性を試そうと、積極的に地方でがんばろうとしている」(高橋さん・以下「」内は同)

 2011年の東日本大震災で、人々の価値観が大きく変わったことも無関係ではない。

「大量生産、消費、廃棄型の暮らしが豊かさの象徴だと思っていたけれど、原発事故に直面して、みんなそれまでの生活を見直し始めた。子育て世代が家族で一緒に地方に移住するというケースも目立っています」

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
退社女子アナの最新トレンドは海外移住 大坪、竹内、龍円他
「田舎暮らし」で失敗する人の3つの特徴 頑固・無知・単身
地方の人口減少や都市の高齢者激増等の今後の対策を考える本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。