ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西武・秋山翔吾 安打日本記録は「積み重ねでは届かないもの」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「プレッシャーを、ないものだと考えるのではなく、敢えてプレッシャーを感じながらやっていきたい」──9月13日にプロ野球史上6人目のシーズン200安打を達成した埼玉西武ライオンズの秋山翔吾(27)が、日本記録(214本)の更新に挑んでいる。9月下旬時点で、新記録は十分に達成可能なペースだ。

「もちろん、CS進出争いをするチームのためにフォアボールを選ぶのは大事なこと。その姿勢は崩さないけれど、『1本ずつ積み重ねて』という意識では届かない記録だとも思っています」(秋山。以下「」内同)

 秋山は一昨年のオフ、幼なじみの彩香さんと結婚。昨年11月には長男も誕生した。この私生活での変化が、本業の野球に大きな影響を及ぼした。

「やっぱり子供はかわいいですよ。独身時代の休日は、録り溜めしてあるテレビ番組をチェックするくらいでしたけど、今は子供の世話をして過ごすことも多い。以前は野球を家に持ち込むこともあったけれど、今はそれも少なく良い意味でオンとオフの切り替えになっている。子供の存在は大きいです」

 秋山は小学6年生の時、父・肇さんをがんで亡くしている。そして、金銭面で少しでも母・順子さんの負担にならないよう、特待生として高校・大学に進学し、「息子をプロ野球選手にしたい」という父の遺志を実現した。

「女手一つで3兄妹を育ててくれた母には感謝しています。だから僕はこれまで何でも母に相談してきました。でも、男同士だから分かることもあると思う。特に最近、父子で一緒に酒を酌み交わすとか、風呂に行くとか、そういうシーンに憧れますね」

 自ら父となった秋山が、人として一回り大きくなったことは想像に難くない。レギュラーシーズン終了まで残りわずか。新米パパは、家族の存在を励みに大記録達成へ挑む。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■田中周治

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ソフトバンク秋山監督 大胆采配のルーツは高校時代の被弾
伊東勤 エースで4番の秋山幸二を打ち崩して甲子園を決めた
準ミス日本東大生・秋山果穂さん 3食甘いもの生活見直した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP