ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたが今、恋をしている「8つのサイン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?
ライターのEevee G氏が「I Heart Intelligence」の中で、人が恋に落ちた時に起こる8つの変化を紹介しています。

01.
ヨガのクラスにスポーツ観戦
興味なかったことに
挑戦したくなる

恋に落ちると、今までやったことがなかったことにも挑戦するようになります。たとえば、男性なら彼女と一緒にヨガのクラス参加したり、女性なら今までいったことのないスポーツ試合に観戦にいくなど。
相手の趣味を知ろうとして、今までやったことのないことにも挑戦したくなるのです。

02.
何でもないことで
笑顔が増える

自分ではなかなか気づけませんが、恋に落ちたらいつもより笑顔が多くなります。ニヤつきながらメッセージを送っている人は、送信先の相手を好きな証拠。
恋をしていると、なんでもないことに笑ったり、突然幸せを感じることがあります。相手のことを思い出すだけで、幸せホルモンのエンドルフィンが放出されるのです。周囲からは、ちょっと変な人?と思われがちですが気にせずに。

03.
ついつい
鏡を意識するようになる

恋をしているときは、いつもより見た目に気を遣うもの。もちろん見た目だけでなく、頭のいいところを見せたり面白い話を考えたりと、内面も変化していきます。服や髪型も、新しいことに挑戦する気になります。普段やっているトレーニングに一層気合が入ることも。
見た目がよくなれば、自分にも自信がつきます。そして、最高の姿を相手に見せることができるのです。

04.
ホルモンが分泌されて
幸せな気分になる

人を好きになると、頬がすぐに赤くなりませんか?喜怒哀楽も激しくなり、脳内に不思議な幸福感がふわーっと広がっていく感覚。宙に浮いている感覚になることさえ。
こういったカラダの反応は、アドレナリン、ドーパミン、セロトニン、オキシトシン、バソプレシンなどのホルモンが増加するからなのです。

05.
楽しい気分で
鼻歌が増えてくる

普段の生活の中で、自然と鼻歌を口ずさむようになる。人は恋に落ちるとなんでもないことでも歌にしようとします。歌が上手か下手かは関係ありません。とにかく、喜びを歌で表現したくなるのです。

06.
自分の仕事や趣味よりも
相手を優先したいと思える

朝起きてから、夜眠るまで相手のことを考えて過ごすようになります。どんなに忙しくて辛い日でも、恋している相手のことを想い、常に頭の片隅に置いているのです。重要なことに集中しないといけないときでさえ、チラつく存在。自分のことより優先できる相手がいるという証なのです。

07.
相手が何をしているか
四六時中気になる

恋愛に夢中のときは、相手が何をしていて、好きな音楽は何で、何を感じているんだろう?と四六時中考えるようになります。常に、相手のことを知りたいという欲求でいっぱい。あまりに強いと、相手を縛ることになってしまうので要注意。

08.
些細なことでさえ
愛おしく見える

世界にあるすべてのものが美しく見える。恋に落ちていると、相手の悪いところさえもよく見えるのです。相手の声や匂い、一つ一つの癖や笑顔、さらには性格。まるで魔法のように、すべてが愛おしく思います。それゆえに、恋愛がドラッグと言われることもしばしば。楽しくて中毒になってしまうのです。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

彼女がアナタに求めている「7つのコト」。裸の時こそ、褒められたい!
ネガティブな思考を改善するために、絶対に意識するべき「10のこと」
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP