ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

販売好調の高反発ドライバー同様注目集める「高反発ボール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「若い頃の飛びが戻った」──シニアゴルファーの間で、ルール度外視で飛距離を追求した高反発ドライバーが好調な売れ行きを見せている。それと同様に、いま注目が集まっているのが「高反発ボール」だ。

 ゴルフ規則ではボールの重さ、大きさ、反発係数に規定があり、この“飛ぶボール”はルール不適合となっている。厳密にいえば“使ってはいけない”ボールだ。

 ただそれは、各ゴルフ場の月例競技などの公式競技に出場する際の話である。近年は日本ゴルフ用品協会なども、「プライベートラウンドを楽しむうえでは問題ない」旨の声明を発表している。

 現在はゴルフ専門誌でも特集が組まれ、専門店では特別コーナーが設置されるほどの人気。シニア層や女性層が顧客のメインだという。

 中でも売れているのが、今年5月に発売されるや、爆買いするシニアゴルファーが続出したという『飛匠・レッドラベル極』(1ダース・3980円+税)だ。発売元のワークスゴルフが説明する。

「コアや表面カバーを改良することで反発係数を高めることに成功しました。当社のテストでは、初速が公認球より最大4m/秒、飛距離ではヘッドスピードが40m/秒の人で、最大38ヤードアップしました」

 公認球の反発係数は0.8以下に規制されているが、このボールは0.825以上。飛距離は係数が0.01で10ヤード違うといわれるため、打ち方、クラブはそのままで25ヤード以上伸びる計算だ。

 しかもヘッドスピードが40m/秒前後のゴルファーで最も効果が表われるようにセッティングされているので、ゴルフ人口の大半を占めるアマチュア、しかもヘッドスピードの落ちたシニア層が恩恵を受ける。

 本誌60代記者が打ってみた。ドライバーよりアイアンの方が飛距離の差は歴然。2番手は変わった印象だ。20代の頃の飛距離が蘇って、セカンドでピンが狙える確率が高まったように感じる。なによりドライバーなどを買い替えるのは高価で手が出なくても、ボールだけなら手頃な価格で実感できるのが嬉しい。自信と元気を取り戻した気分だった。

 高反発市場には各社もこぞって参戦中。『トブンダDYNAPLUS332』(ジャパーナ)や『ALISTAR Hi-COR』(二木ゴルフ)など、多種多様な商品が飛び出している。

 シニアゴルファーには、ぶっ飛ぶ「実りの秋」が到来しそうである。

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高反発ドライバー 高齢者のゴルフ離れを背景にニーズ高まる
違反クラブとされた高反発ゴルフドライバー 大手参入の背景
2回目の挑戦でプロテストに合格した美しきホープ・兼岩美奈

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。