ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホームレスのために「小さな家」を作り続ける男性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。

廃材をリサイクルして
ホームレスの家に大変身!

ゴミがそのまま捨てられるのはもったいないと感じたKloehn氏は、再利用できないかと考えていました。
そこで彼は、廃材を利用してホームレスの人たちにモバイルハウスを作る「Homeless Homes Project」をスタート。

屋根がついていて雨風がしのげることはもちろん、ローラーが付いているので自由に動かすことも可能です。

材料には、使わなくなったベッドのフレーム、洗濯機や冷蔵庫の扉などさまざま。

完成したモバイルハウスは、ホームレスの人たちに無料でプレゼントしていきます。今では、彼を手伝ってくれる地元の人たちまで現れたとか。

Kloehn氏は、このプロジェクトを通してホームレスの現状とともに、モバイルハウスの可能性も伝えていきたいと「Daily Mail」に話します。

「これから、モバイルハウスの需要は高くなるんじゃないかな。エコで安い上に、簡単に作れるからね。そして、どこでも移動できる小さな家の方が、実は自由で豊かなのでは?って気づくようになると思うよ」

2014年、アメリカでは約58万人のホームレスがいるとアメリカ合衆国住宅都市開発省は報じています。
Kloehn氏の取り組みは、そのすべてを救えるわけではありませんが、多くの人が現状を知るきっかけにはなるはずです。

Licensed material used with permission by Greg Kloehn

関連記事リンク(外部サイト)

あなたは分かる?科学でも証明できない、目の錯覚が起こす不思議な現象【動画】
この中で一人だけ溺れている子どもが・・・すぐに発見するライフガードに脱帽!
【衝撃の結果】お金持ちvsホームレス。どっちが正直か、実験してみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP