体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

葛飾北齋風の絵で漫画が作れるサイト みんなも北齋漫画を作ろう

エンタメ
例のネタ

葛飾北齋といえば江戸時代の有名な浮世絵師。そんな特徴のある葛飾北齋の絵を使い漫画が作れるというサイト『北齋漫画制作キット』が登場。このサイトでは「男、女、動物、環境、もの」といったジャンルからオブジェクトを選択し漫画を制作していくことが可能。

オブジェクトのほかに文字も入力可能となっている。しかし文字は縦書きのひらがなのみとなっている。これらの限られた素材で漫画を作るのは多少困難だが、1コマくらいでオチが付く漫画ならなんとか作れるのではないだろうか? そう思いガジェット通信編集部も早速漫画制作に挑戦してみた。特に専門的な知識は必要とせず数分もあれば1コマ完成させることが可能。あとはアイデア次第だ。

実際『北齋漫画制作キット』はそんなに難しいことはなく、上記のオブジェクトを配置して文字を載せていくだけの作業だ。完成した漫画はギャラリーに公開することも可能。また知り合いに無理矢理見せつけることもできる。

オブジェクトが削除できない、日本語入力ができなくなるといったバグが多少あるものの、葛飾北齋風の漫画を作りたい方は是非このサイトを触ってみては如何だろうか。みんなも面白い漫画を作ってみよう!

鶴の恩返し よいではないか

北齋漫画制作キット

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会