ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正力松太郎 巣鴨収監後も強引さと真摯さでGHQ取調官を籠絡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「読売新聞の中興の祖」であり、「プロ野球の父」である。「テレビの父」であり「原発の父」でもある。数多の顔を持つ正力松太郎という傑物の原点はGHQ占領下にあった。ノンフィクション作家・佐野眞一氏が迫る。

 * * *
 最初に誤解を解いておこう。GHQ統治下の日本でA級戦犯の指定を受け、巣鴨プリズンに収監されたのは、岸信介、笹川良一、児玉誉士夫、正力松太郎など74名いるが、絞首刑や終身禁固刑になった東条英機ら約20名を除き、全員不起訴になり釈放された。
 
 岸、笹川、児玉、正力らは逮捕はされたが、起訴はされておらず、東京裁判も受けていない。岸は巣鴨を出所後約10年で総理大臣となり、安保条約を強行して日米関係の基礎を築いた。また児玉と笹川は出所後の人生を「黒幕」に徹した。だが、正力の巣鴨出所後の軌跡は、彼らよりずっと「怪物」じみている。
 
 正力がA級戦犯容疑で巣鴨に収監されたのは、東条内閣当時、貴族院議員に列せられたほか、東京裁判で終身刑を求刑された小磯国昭(獄死)内閣の顧問に選ばれたためだった。
 
 GHQにしてみれば、政府の重職に就いたばかりか、ナチスを熱狂的に崇拝し、「敗戦で経営権が共産党の手に渡るようなら、読売をつぶせ」と公言するような新聞人は断固許しておけなかったのである。
 
 正力が逮捕されたのは、昭和20年12月、翌年1月には公職追放処分を受け、すべての公職から外された。
 
 正力は巣鴨収監中、座禅を日課とし、GHQの取り調べにも堂々と応じた。
 
 正力は対米協力を“踏み絵”のように約束させられて出所した他の連中とは決定的に違った。正力は、なぜ軍部に協力したのかと問うGHQ取調官に情理を尽くして答えた。
 
 その強引さと真摯さが彼らの心を打ち、結果的に正力の術中に嵌まった。
 
 GHQは、「正力は卓越した新聞社の経営者であり、事業を遂行するためには政府の要職に就き、“うまく”行動せざるをえなかった状況が明らかになった。よってGII(参謀第二部)は、正力の釈放を勧告する」と結論付け、昭和22年9月1日、正力を釈放した。
 
 娑婆に出るのは1年9か月ぶりだった。迎えはなく、正力は逗子の自宅まで一人で帰った。当時の様子を知る正力の長女の梅子によれば、自宅にも連絡のない出所だった。
 
「囚人服のようなヨレヨレの服を着たあわれな男が庭先にいるんです。ヘンな男だなあ、と思ってよくよく顔を見ると実はお父様だったんです。そのとき私は、正直、お父様が巣鴨から脱走してきたと思いました。釈放されたとわかって、私と母は泣くだけでした」
 
 正力はその後、褌一丁になり、家から数分の逗子の海へ飛び込んだ。このとき正力はすでに62歳になっていた。だが、旺盛な精力は巣鴨入所前と何も変わっていなかった。(文中敬称略)

※SAPIO2015年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
化学調味料不使用 シンプルだからごまかせない醤油ラーメン
100歳超えて会社員だった福井福太郎さんから若者に贈る言葉
102歳の渋谷寿栄子さん 18歳で麻雀覚えて今も毎日雀荘通い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。