ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『iPhone』でトイカメラ風に撮影できるアプリ『TOY CAM』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『TOY CAM』

トイカメラは、「どんな写真が撮れているのか現像するまでわからない」のが醍醐味のひとつですが、やはり手痛い失敗にガックリすることもあるんですよね。プランネットが発売する『TOY CAM』は、「たまには思い通りのトイカメラ撮影を楽しみたい!」という人におススメの『iPhone』アプリです。

『TOY CAM』撮影画像例

『TOY CAM』は、撮影時にリアルタイムで4タイプのエフェクトで、色などの調整をしながらトイカメラ風の写真撮影ができる『iPhone』アプリ。撮影したい対象が目の前にあるときに、その場でお気に入りのエフェクトパターンを見つけて、効果を確認しながら画像を保存することができます。

『TOY CAM』

トイカメラで撮影したフィルムを現像したときのような、独特の風合いや質感までもを再現することはできなくても、チープで手軽なトイカメラ写真を楽しみたいときには便利そう。エフェクトはCOLOR、2TONE、OUTLINE、MOSAICの4タイプを搭載しています。価格は230円ですが、現在はリリース記念に50%オフを実施しており、期間限定で115円(税込み)。『iPhone 4/3GS(iOS 4.3.2)』『iPhone 3G(iOS 4.2.1)』に対応しています。
 
 

■関連記事
やっぱり通常の3倍! 『Twitter』クライアントアプリ『シャア専用モビルTwit』
【節電アイデア】待機電流をオフしたときの節電量がわかるアプリ『節電大作戦』
超人気アプリ『つみネコ』がリアルに積めるフィギュアになって登場!
手書き原稿付き! 村上龍のデビュー作『限りなく透明に近いブルー』が電子書籍に
究極のリラクゼーション!? お坊さんがプロデュースした坐禅アプリ『雲堂(undo)』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。