ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たたみ一畳の防音こもり部屋「だんぼっち」ってどう?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たたみ一畳の防音こもり部屋 「だんぼっち」ってどう?

近年、ニコニコ動画やYoutubeなどで自分で歌っている動画を投稿する人が増えているが、自宅に防音ルームがないからカラオケボックスで録音……という人は多いかも。しかし、低コストで防音室を実現する方法があるという。秋の夜長にもまだ間に合う面白いアイデアをご紹介しよう。
個人用ダンボール防音室「だんぼっち」とはどんなもの?

ネット環境の発達や投稿サイトの一般化などで、個人がクリエイターとして活躍できる場が増えた。そういった「歌い手」さんや「ゲーム実況主」はもちろん、ストレスを発散したいひとなどは音を気にせず趣味や創作活動に打ち込める空間があったらいいと思っているのでは? そこで注目したいのが、個人用ダンボール防音室「だんぼっち」だ。

「だんぼっち」は軽量で強度に優れた「ハニカムダンボール」を使ってつくられた組み立て式防音室。サイズはW80×D110×H164(cm)で天井が少し低めのトイレくらいの大きさで、ワンルームの部屋にもセッティング可能。価格は5万9800円(税込)、専用の吸音材セットなどオプション品を含めても10万円以内で手に入れることができる。本格的な防音室を設けるためは100万円や200万円は軽くかかりそうだが、「だんぼっち」はひと桁安いコストで入手できる防音ルームなのだ。【画像1】組立と折りたたみが簡単にできる家庭用防音室「だんぼっち」(画像提供:株式会社VIBE)

【画像1】組立と折りたたみが簡単にできる家庭用防音室「だんぼっち」(画像提供:株式会社VIBE)「歌ってみた」に利用されているケースも多数! ネットユーザーに人気

「だんぼっち」が誕生したいきさつを、販売元の株式会社VIBE・藤山瑞樹さんに伺ってみた。
「2013年のニコニコ超会議2が開催された際に、家庭用カラオケソフトを会場内でも歌えるようにと、ダンボール製の防音室を製作したのがきっかけです。来場者の方も盛り上がって歌ってくれたので、ダンボールメーカーさんとコラボして本格的に開発に取り組み、2014年2月に発売することができました。お陰様で順調にご購入いただいています」とのこと。

実際にはどんな使われ方をしているのだろうか? 
「歌ってみたやゲーム実況のために使っている、というネットユーザーの方が多いですね。音楽録音に使う方には専用の吸音材利用が好評です。吸音効果に加え、お風呂の中にいるような反響音も抑えられて作品のクオリティアップにつながるようですね。それ以外にもテレビモニターをセットして個人用のシアタールームにしたり、創作活動のためのこもり部屋にしたりと改造される方もいます。自由に使っていただければいいと思います」

最近ではスマホで楽しめる音楽コミュニティアプリ「nana」などの登場によって、歌ったり音楽を奏でて投稿することがとても手軽で身近な体験となりつつある。いい音で作品をつくるためには、「だんぼっち」がぴったりのスペースなのだろう。ただし、完全防音とまではいかなくて、隣室への音漏れ防止程度の防音性をもったこもり部屋だと考えたほうがよさそう。

【画像2】こんなサイズ感。思っていたよりコンパクト!中は中肉中背の男性でジャストサイズ(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】こんなサイズ感。思っていたよりコンパクト!中は中肉中背の男性でジャストサイズ(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)
【画像3】PCと周辺機器をセットするとこんな感じ(画像提供:株式会社VIBE)

【画像3】PCと周辺機器をセットするとこんな感じ(画像提供:株式会社VIBE)
【画像4】(左)作業台の下にはちゃんとケーブルを通す穴がある。(中)上には空気口。(右)空気口からも音が漏れないようになっている(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】(左)作業台の下にはちゃんとケーブルを通す穴がある。(中)上には空気口。(右)空気口からも音が漏れないようになっている(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)ダンボールだからDIYでカスタマイズするのも簡単、自分だけの「洞窟」を手に入れよう!

また、利用者の中には、壁紙材を利用して内外装をカスタマイズしたひと、本格的な防音タイルカーペットを使って音響性能をアップさせたひともいるそうだ。サイズもそれほど大きくないから、手軽にDIYでカスタマイズできてしまう点も特徴のひとつだろう。

分解・再組み立ても可能なので、賃貸住まいの人でも引越しを気にせずに利用できるはず。試してみたいという人には実物展示もされている(※東京、福岡、宮城のみ)ので試用してみるといいだろう。横幅の広い「ワイド」や、高さが210cmの「トール」も登場しているので、目的に合わせて選ぶこともできそうだ。

秋の夜長、こっそり歌ってみるもよし、じっくりDVD鑑賞もよし、「秘密基地」や「男の隠れ家」として利用するもよし、「ぼっち」の時間を楽しんでみてはいかがだろうか。あっ、もちろん女性でもカンタンに組み立てられるのでご安心を。●取材協力
・株式会社VIBE/だんぼっち
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/09/25/97969/

【住まいに関する関連記事】
建築家がサザエさん家をつくってみたらこうなった
あのメーターを再現! 「シュタゲ」コラボ部屋を見てきた
それって窓のせいかも? 騒音と窓の関係を調べてみた
サザエさん、コボちゃん、クレヨンしんちゃんの自宅はどう違う?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。