ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

部屋が散らからない「7つの習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。
どうやら彼には、9ヵ月かけて自宅のものを半分にまで減らした経験があるのだそう。片付け下手な人は、説得力のある彼のことばに耳を傾け、早速今日から実践してみましょう。

01.
不必要な郵送物やチラシは
すべて破棄!

郵送物やチラシなど、要らないものを処分しましょう。ポストから取り出しテーブルの上に置いたまま…なんてこともあるはず。本当に必要なものだけを残し、すぐに破棄するのです。

02.
食後の後片付けは
すぐに実行

以前は、食後すぐの皿洗いが苦手でしたが、この話を読むと考え方が変わりました。今では、食べ終えるとすぐに後片付けをしています。
お皿についた汚れが乾燥していないので、短時間で洗うことができるメリットも。

03.
起きてそのまま
ベッドメイキング

毎朝、ベッドメイキングをしましょう。まずどこかを整理しないと、他の場所に手が付けられません。そう考えると、寝室はもっとも簡単に整理できる場所の一つです。
寝室をキレイにするには、ベッドから取り掛かるのが鉄則。起きてすぐに作業することがベストです。もしくは、ベッドメイキングをしてくれるパートナーを探すのも手。

04.
調理台の秩序を保つ

一箇所が散らかっていれば、その周りもどんどん散らかっていきます。
調理台がいい例。色々なものを置いてしまえば、さらに物が集まることに。
でも、調理台をキレイに保つことで、秩序や落ち着きが生まれます。あなたが思っているより、もっと使い勝手が良くなるでしょう。

05.
使い終わったら
“指定の場所”へ戻す

すべてのものには用途があり、収まるべき場所があるはず。1日の終わりに、散らかっているものをその場所に戻しましょう。そうすれば、毎朝新鮮で、清潔な1日を始めることができます。

06.
“先延ばし”は徹底的に中止

散らかってしまう原因の一つに、「先延ばし」があります。だからこそ、それを防ぐためのルールを作りましょう。
ある作業が2分以内で終わるのであれば、先にやるべき。たとえば、ゴミ出し、鍋を洗う、リモコンを元に戻す、洗濯カゴに汚れた服を入れるなど。どれもが、すぐにできることばかりのはずです。

07.
“見えないところ”のものでも
要らないものは処分

クローゼットの中の多くの服、引き出しの中のタオル、必要以上のバスアメニティ…。これらの中の不要なものを処分することで、スペースを上手く活用することができます。
先延ばしにせず、すぐに片付けを始めてみてください。短ければ2分、長くても15分もあればできるでしょう。小まめに片付ける習慣を身につけることが重要なのです。

Licensed material used with permission by Becoming Minimalist

関連記事リンク(外部サイト)

世界で一番小さな図書館が流行中!あなたもすぐに参加できる!?
クローゼットの中身を半分にするための「6つのヒント」
最高のスタートをきるために、「休日の夜」にするべき3つのコト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP