ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

葬送の新潮流 LED納骨堂、ロケットで飛ばす月面葬など登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 時代の変化とともに、墓のあり方が変わってきた。多様化する新しい葬送のカタチを紹介しよう。

 LEDを透過させた、2046の古代ガラス製法の仏像(琉璃基)がひとりひとつ割り当てられ、端末にIDカードをかざすと故人の琉璃基が光って場所がわかる──。東京・幸國寺の「琉璃殿」(写真参照)はもはや“墓”とは思えないだろう。この琉璃殿は、墓地を必要としない納骨堂である。

 従来の「墓地に墓石が建っている」ものとは違う、新たな選択肢が急増している。

 NPO法人エンディングセンター理事長の井上治代氏が語る。

「自分らしい眠り方をしたいと、夫婦で別の葬送を選択する人も増えています。妻が“あなたは実家のお墓に入るかもしれないけど、私は嫌。この子(ペットの犬)は私がいないとダメだから、この子と一緒に別の場所で眠るわ”というケースもあります」

 墓に入らないケースの代表格が「散骨」だ。

 沖縄の海で散骨するプランを掲げる琉宮海葬の甲斐浩司・代表が語る。

「シュノーケリングの道具を持ってきて、潜って水中カメラで散骨の様子を撮影した遺族や、サングラスにアロハ姿で散骨する遺族など、沖縄の海という環境に囲まれて明るい雰囲気で行われるケースが多いですね。

 お客様からは、『真っ青な海に白い遺灰が流れていく様子は神秘的で、故人が自然に還っていくのが実感できました』という声をいただいています」

 最近では、選択肢はさらに広がった。「バルーン宇宙葬」は、遺灰を入れた巨大バルーンを浮かび上がらせ、空気が薄くなり膨張することを利用して、高度30~35kmで破裂させて宇宙空間に散骨する。

 また、2018年にはロケットで遺骨が入った小さなカプセルを打ち上げ、月に埋葬する「月面葬」が実施される予定だ。

※SAPIO2015年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
5人に1人が「墓はいらない」 海、樹木、宇宙への散骨方法
散骨費用は個人単位で約20万円前後 代行散骨なら5万円から
人気の散骨 「お参りしたいが祈りの対象ない」と遺族痛恨の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP