ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Googleストリートビュー」がアフリカのサバンナに対応。一体何のために・・・?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、その背景には「密猟からゾウたちを保護する」という大命題があるのです。

歩く人目的ではない
ストリートビューって?

ケニアの北に位置するサンブル国立保護区。サバンナに生息する野生のゾウたちが、どんな生活をしているのか?Googleストリートビューを用いて、まるで自宅の近所を検索するように、野生の生態系が手に取るように分かるのです。
Googleは公式ブログを通じて、プロジェクトの最大の目的は、野生のゾウたちが密猟の危機に瀕している事実を、「世界中の人々に知ってもらうこと」だと発表しています。

GPS付きの首輪で
ゾウの居場所が
リアルタイムで届く

Googleは、今回のプロジェクト実現のため、ケニアで活動する3つの団体に協力を依頼。そのうちのひとつ「Save The Elephants」は、野生のゾウの行動や集団規模を観察し、健康状態の把握に努め、行動データや習性の観測を行っています。また、レワ自然保護区では、ゾウにGPSの首輪をつけ、このデータをGoogle Earthに表示。リアルタイムでゾウの位置把握が実現しました。この様子は、Googleマップの特設サイト「サンブル国立保護区」でも、ゾウたちが今どこにいるのかを確認できます。

密猟者からゾウを守る

Googleが提供する、GPSと地上からの画像はまた、研究者、野生生物保護官へと届けられます。動物たちの生態系の様子を観察する貴重なデータとなるほか、リアルタイムで密猟を監視するレンジャー部隊の活動にも活かされているようです。「Save The Elephants」の活動により、過去15年間でサンブル国立保護区の野生ゾウの数は、確認された個数で1,450頭と増えてきました。

しかし、それもほんの氷山の一角、研究によれば、2010年から2012年にかけてのわずか3年あまりの間に、象牙を狙う密猟ハンターによって、およそ10万頭のゾウが殺されたといいます。「Save The Elephants」の発起人Iain Douglas-Hamilton氏のコメントを紹介する「Take Part」。

「この地域に生息するゾウの生態系を、より深く理解して欲しい。彼らの行動を見て知ってもらうだけでも、ゾウの命を救うことになるのですから」

多くの人々が、GoogleマップやGoogle Earthを通してサバンナのゾウの様子を知ることが、どれだけ密猟の大きな抑止力になるか。Douglas-Hamilton氏の真意が見て取れます。

現地へと赴かずとも、画面を通してゾウの生態系を知ることができる。さらに、それが野生動物たちの命を救うことにもなるって、寄付をするよりもお手軽ですね。いちど、特設サイト覗いてみては?

Reference:Take Part
提供:Google

関連記事リンク(外部サイト)

子どもと一緒に「成長する靴」。誰も考えつかなかったアイデアが貧困地域を足元から支えている
3年間早起きし続ける、100歳のおばあちゃん。その理由に胸が熱くなった・・・
「観光地でゾウには乗らないで」。彼らの傷に、あなたは気づいていましたか?(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP