ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USJのアトラクション「バイオハザード・ザ・リアル3」に初の「生還者」!感染者は24万人超

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バイオハザード・ザ・リアル3

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのライブ・シューティング型サバイバルホラー・アトラクション「バイオハザード・ザ・リアル3」から遂に初の「生還者」が誕生した。

生還率はたったの「0.00003%」の同アトラクション。初クリアは、7月3日のオープンから55日目の8月26日であった。

マシンガンと「プロジェクション・ゴーグル」を装備し、生き残りをかけた戦闘をくぐり抜け、蔓延するウイルス感染から無事生還を目指すサバイバルホラー・エンターテイメントとなっており、目の前を乱れ飛ぶ無数の弾丸や耳元で鳴り響く銃声に加え、ゴーグルに投影された減少していくライフゲージやみるみる少なくなる残弾数が、ゲストに更なる恐怖と緊張をもたらしているという。同時に入場しクリアした8人の内の茨城県在住の女性(47歳)は、「ゲームとは全く違う、実際にマシンガンを撃てて、とても楽しかったです」と感想を語り、広島県在住の女性(23歳)は「とにかくマシンガンを撃ちまくれてスカっとしました!生還するためには、全員で果敢にゾンビを倒し、隠された暗号を見つけ出すチームワークが大事」と生還の秘訣についてインタビューに答えた。

開催期間は7月3日〜11月8日。9月11日以降は9大ホラー・コンテンツが集結するイベント「ハロウィーン・ホラー・ナイト」も開催。「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は9月・11月の金曜・土曜・日曜・月曜・祝日と、10月全日(10月29日除く)に開催。

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

初の生還者たち

マシンガンと「プロジェクション・ゴーグル」を装備しアトラクションにチャレンジ

2015年夏 バイオハザード・ザ・リアル3

▼リンク
バイオハザード・ザ・リアル3
http://www.usj.co.jp/biohazard/summer2015/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP