ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国放送で酔って妻の悪口言った30代男性 外飲み禁止される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビの街頭インタビューで酔ったサラリーマンが好き勝手に話しているなんてことはよくあるが、その影響力は想像以上だという。埼玉県に住むパート勤務の女性Mさん(33才)は、38才の夫にテレビでいろんなことを言われてしまったという。

 * * *
 今日はいったいどうしたのってくらい、いろんな友達から携帯に連絡がきたの。それもすべて同じ用件で、「昨日のテレビ、見たわよ」というもの。「すごかったわねぇ」と言う人もいる。

「何のこと?」と友達にメールすると、「あなたんとこのご主人が深夜番組のインタビューに答えていたのよ」と。

「怖いものは?」というレポーターの問いに「そりゃあ、嫁さんだよ」と答えた、だけじゃない。「よく覚えてないけど、すごいこと言ってた」って。

 ダンナは「なんの話?」ってとぼけてたけど、見逃すわけにはいかないでしょ。その番組を録画した友達を探し出して、見たわよ。

 するとベロンベロンに酔ったダンナが、画面いっぱいに映って「嫁さんより怖いものなんてこの世にありましぇーん。どこが? ひゃははは。性格が鬼で、腕力はライオン。それが逆毛立てて怒ったら、ひいい~っ。この前なんてネ。こんなにぶっとい大木を素手でなぎ倒して、いやもうすごい力」ですって。

 あの日以来、もちろんダンナは外飲み禁止! 毎晩、家でつまんなそうに缶チューハイをすすってるわ。

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
力道山空手チョップ 2台の街頭テレビに12000人集まる
皇太子ご成婚で白黒TV1000万台売り受信契約者200万人突破
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP