ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前田健太に「エースの覚悟が伝わらず」と書いた地元紙の真意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈7回を無失点に封じ、大事なこの時期に4戦4勝。素晴らしい先発投手である。頭でそう理解しても、心が震えない。エースって何なんだろう。試合はつくっても決着は救援陣にお任せ。チームの命運を背負う覚悟が伝わらない投球に、その称号がしっくりこない〉

 この書き出しで始まる、中国新聞朝刊(9月15日付)のコラムが波紋を広げている。タイトルは『エースって何なんだろう』。地元広島カープ投手、マエケンこと前田健太(27)について論じた記事だ。

 抑えの中崎翔太(23)が前日まで5連投しているにもかかわらず、93球で降板したエースとしての姿勢を「抑えも大変な状況を見れば、完投しろとまではいわないが、せめて8回まで踏ん張ってほしかった」としている。

 今季の前田はすでに13勝。登板した26試合のうち23試合で「クオリティスタート」(先発として6イニング以上投げ、かつ3自責点以内に抑えること)を達成している(9月21日時点)。数字だけ見れば合格かもしれない。

 だが、記事からは納得いかないという思いが伝わってくる。広島を球団史上初のリーグ優勝に導いた元監督で、東京国際大学野球部監督の古葉竹識氏の話。

「確かに我々の時代は、いいピッチングができていると『最後まで投げさせてください』と本人が志願したものだし、ベンチもファンも投げさせるのが当然だと思っていました。エースとは『この人が投げたら絶対に負けないぞ』と思わせてくれる投手。完投・完封で相手チームを圧倒してほしいという願いは、いつの時代も変わらないのでしょう」

 先発が完投することで、抑えを休ませることができるといった合理的な理由だけでなく、エースの存在は精神的な支えであることはいうまでもない。日本プロ野球歴代2位の通算350勝の記録を持つ米田哲也氏はこう話す。

「エースというのは完投して当たり前の存在です。特にエース対決では先に降板するなんて許されない。7回降板も完投も、肩への負担にそこまで差はないし、疲れてきても低めにしっかり投げて、厳しい状況を踏ん張るからこそ盛り上がる。完投は記録にも残るし、もし自分から“7回で代わる”というエースがいたら、(エースナンバーの)背番号18は返上しないといけない」

 もちろん時代とともに野球は変わっている。「契約上、リリーフ投手を一定数のイニング登板させなければならないこともある」(米田氏)が、往年の名選手たちの言葉がしっくりくるファンは少なくないはずだ。中国新聞の記事はこう結んでいる。

〈エースと呼ばれるならば、その姿でチームを鼓舞してもらいたい。そう願うのは、古くさい価値観の押し付けだろうか。(中略)期待を超えるほどの気概は伝わってこない〉

 記事を書いた記者に取材を申し込んだが、「記事に書いてあることが全てです」(読者広報部)とだけ回答が寄せられた。

 分業制が当たり前となった球界に一石を投じたことは間違いない。

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米田哲也「1イニングでいいなら143試合全部投げてやります」
プロ野球試合時間 V9時代選手は22時に家にいたが金田氏は…
大阪桐蔭・藤浪投手 帽子つばに父から「楽笑」のメッセージ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP