ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワン・ダイレクション、ゼイン脱退後初のアルバムを11月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワン・ダイレクションが、9月22日にメンバー4人となって初となる通算5作目のアルバムタイトル及び発売日を正式発表すると同時に、ジャケット写真も公開した。

タイトルは「Made In The A.M.|メイド・イン・ザ・A.M.」、11月13日に日本を含め世界同時発売となる。現在、iTunesでデラックス・バージョンを予約すると、ワン・ダイレクション史上最多となる91にも及ぶ国と地域のiTunesで1位を獲得するなど、4人初シングルにして過去最大の大ヒットを記録している「Drag Me Down/ドラッグ・ミー・ダウン」に加えてアルバム収録曲「Infinity|インフィニティー」も即ダウンロードすることができ、さらに、アルバム発売時には予約者限定ビデオも付いてくるという豪華な内容。CD商品の方は、日本盤特典を含め、徐々にその詳細が明らかになっていく予定だ。

また、現地/イギリス時間9月22日に行われたApple Music Festivalに出演。リトル・ミックスがワン・ダイレクションのサポート・アクトを務めるという奇跡の一夜に、ロンドンのライブハウス:ラウンドハウスに集まった大勢のファンは大熱狂の連続。また、この日のライブは日本を含め世界中に、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple Musicで世界中にライブ・ストリーミングされた。

3年振り2度目の出演となったワン・ダイレクション。いつも通りラフなスタイルで4人がステージに登場するや、2階席まで満員となった会場は割れんばかりの歓声が起こり、前作「フォー」からの1stシングル「スティール・マイ・ガール」からスタート。ここ数年約2〜7万人クラスのアリーナやスタジアムでライブを行う彼らも、いつもよりも数倍小さいステージとファンとの近い距離を楽しみながら、「盛り上がって」「いつもありがとう」「歌って踊って」「最後まで楽しんで」というメッセージに、スタートから会場は熱狂と大合唱に包まれた。

昨年から今年のツアーでもお馴染みの曲で占めつつも、この日のために用意された特別な構成でファンとともに歌い、会場の隅々まで目を向け手を振り笑顔を送り続けた4人。この日誕生日を迎えた会場のファンに全員で「ハッピー・バースデー」を歌って祝い、後半にさしかかった10曲目の「ノー・コントロール」からさらにテンションを上げると、早くも大ヒットとなっている最新シングル「ドラッグ・ミー・ダウン」も披露。最後には、日本から参加したファンの日本国旗に気付いたハリーが会場全体、そして世界中に向けて「ガンバリマース!」と完璧な日本語で応え、ラストの「ベスト・ソング・エヴァー」では2階席まで全員総立ちに。

この日最大の大歓声と大合唱で、終始アットホームな親近感にも包まれた、全16曲/約70分のステージは幕を閉じた。

セットリスト
スティール・マイ・ガール
リトル・ブラック・ドレス
ホエア・ドゥ・ブロークン・ハーツ・ゴー
ミッドナイト・メモリーズ
ファイアプルーフ
レディ・トゥ・ラン
リトル・シングス
ナイト・チェンジズ
18
ノー・コントロール
ドラッグ・ミー・ダウン
ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル
ガール・オールマイティ
ストーリー・オブ・マイ・ライフ
ベスト・ソング・エヴァー

Apple Music Festival
http://www.applemusicfestival.com/

リリース情報

アルバム「Made In The A.M.|メイド・イン・ザ・A.M.」
2015年11月13日世界同時発売

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/made-in-a.m.-deluxe-edition/id1040170924?app=itunes&ls=1
Apple Music:https://itunes.apple.com/jp/album/made-in-a.m.-deluxe-edition/id1040170924?app=music&ls=1

関連リンク

ワン・ダイレクション ソニー・ミュージックオフィシャルサイト: http://www.sonymusic.co.jp/1d
■ワン・ダイレクション日本公式Twitterhttps://twitter.com/#!/1D_OfficialJP
■ワン・ダイレクション日本公式Facebookhttp://www.facebook.com/OneDirectionMusicJP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP