ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リトル・ミックス、Apple Music Festivalに1Dと同日出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫
リトル・ミックス、Apple Music Festivalに1Dと同日出演

リトル・ミックスが、現地/イギリス時間9月22日に行われたApple Music Festivalに出演。リトル・ミックスがワン・ダイレクションのサポート・アクトを務めるという奇跡の一夜に、ロンドンのライブハウス・ラウンドハウスに集まった大勢のファンは大熱狂の連続。また、この日のライブは日本を含め世界中に、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple Musicで世界中にライブ・ストリーミングされた。

リトル・ミックスは、今年11月に通算3作目となるアルバム「Get Weird | ゲット・ウィアード」の発売が決定しており、アルバムからの1stシングル「Black Magic | ブラック・マジック」は、全英チャート3週連続で1位を記録するという快挙を成し遂げている。8月15日にはテイラー・スウィフトのカリフォルニア州/サンタ・クララ公演にサプライズ・ゲストとして登場し、共に「ブラック・マジック」をパフォーマンス、更に8月16日には米ティーン・チョイス・アワードにも出演し、最もブレイクした新人アーティストに与えられる“チョイス・ミュージック・ブレイクアウト・アーティスト”賞を受賞するなど、話題が絶えない。

なお、現在iTunesではアルバムの予約注文を受け付けており、デラックス・バージョンを予約すると、最新シングル「ブラック・マジック」とアルバム収録曲「ヘアー」、そしてセカンド・シングル「ラヴ・ミー・ライク・ユー」の合計3曲がダウンロード可能となっている。

iTunes Festival改めApple Music Festivalに初出演となったリトル・ミックス。男女ダンサー8人を携え、カラフルな映像をバックに、セカンド・アルバムのタイトル・トラック「サルート」のサイレン音で4人が登場。白と黒を交えた衣装で揃え、1曲目から激しいダンスを披露するなど、パワフルなパフォーマンスで魅せた。その後、大ヒット・シングル「ムーヴ」や、デビュー・アルバムよりファンから人気高いバラ―ド曲「チェンジ・ユア・ライフ」なども披露。

「今日のお客さんは一段と盛り上がってるわね!」「1Dが楽しみな人ー!」など、合間合間で元気いっぱいのMCを挟みながら、メンバーが笑顔で手を振る度に黄色い歓声が起こるという盛り上がりっぷり。そしてなんとこの日は、11月に発売される3作目アルバム「ゲット・ウィアード」から、新曲「グロウン」を世界初披露&パフォーマンスするという大きなサプライズも。

後半では、同じく次作に収録されるアカペラ楽曲「ジ・エンド」を歌い上げ、4人の完璧なハーモニーと抜群の歌唱力で会場を沸かせた。終盤では、彼女たちのブレイクのきっかけとなった大ヒット楽曲「ウィングス」をオーディエンスと共に大合唱。最後は、9月25日に配信開始になったばかりの最新シングル「ラヴ・ミー・ライク・ユー」を一部アカペラで披露した後、全英チャート3週連続1位を獲得したこの夏最大のヒット曲「ブラック・マジック」で会場を躍らせた。

新旧ヒット曲、そして完全なる新曲のプレミアという嬉しいサプライズも盛り込まれた、約45分のセットで観客を魅了した。

セットリスト
サルート
ムーヴ
チェンジ・ユア・ライフ
グロウン
リトル・ミー
DNA
ジ・エンド
ウィングス
ラヴ・ミー・ライク・ユー(一部披露)
ブラック・マジック

Apple Music Festival
http://www.applemusicfestival.com/

リリース情報

アルバム「Get Weird | ゲット・ウィアード」
UK 2015年11月6日発売
※国内盤情報は後日発表

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/get-weird-deluxe-edition/id1016217381?app=itunes&ls=1
Apple Music:https://itunes.apple.com/jp/album/get-weird-deluxe-edition/id1016217381?app=music&ls=1

関連リンク

リトル・ミックス オフィシャルサイト日本語版www.little-mix.com/jp
リトル・ミックス 日本公式ツイッターhttps://twitter.com/LittleMixJP
リトル・ミックス 日本公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/LittleMixJP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。