ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一番くじに『黒執事 Book of Circus』登場 A賞はハロウィン準備中のセバスとシエルを描きおろしたビジュアライズフレーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バンプレストが展開するハズレ無しのキャラクターくじ「一番くじ」から、10月上旬に最新作『一番くじ 黒執事 Book of Circus~その執事、仮装~』(1回620円/税込)を開始する。

【関連:涎どころか鼻血ものの『黒執事 Book of Circus』痛インテリアグッズ登場】

『黒執事』は、スクウェア・エニックス発行『月刊Gファンタジー』で連載中の、枢やなによるマンガ作品。2015年10月にはOVA『黒執事Book of Murder』上巻(前編)が、同年11月には下巻(後編)が劇場にて限定公開を予定している。

『一番くじ 黒執事 Book of Circus~その執事、仮装~』では、2014年7月から9月まで放送されたテレビアニメ『黒執事 Book of Circus』を題材に、8等級全21種+ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たるくじとして展開される。
A賞は、ハロウィン準備中の「セバスチャン」と「シエル」を描きおろしたビジュアライズフレームが登場。B賞・C賞は、A賞に描かれているブランケットの実物がラインアップ。D賞では、黒地にミルクティー色でデザインした、フリルがついたトートバッグに、その他、ガラス雑貨やハンカチ、ステーショナリー、リフレクターチャームが取りそろえられている。



そしてラストワン賞には、約100cmのブランケットと、ブランケットをまとめることができる「ビターラビット」のぬいぐるみがセットで登場するそうだ。


(C)枢やな/スクウェアエニックス ・ 黒執事Project ・ MBS

※「一番くじに『黒執事 Book of Circus』登場 A賞はハロウィン準備中のセバスとシエルを描きおろしたビジュアライズフレーム」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP