ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アムステルダムでフライドポテトを食べる幸せ / 美しき街で本場オランダの味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アムステルダムといえば、水の都。テーマパークにいるかのような錯覚に陥るほど、その街の情景はファンタスティック。どんなに寒くても、野外で毛布に包まりながらコーヒーを飲む人たちが多くいますが、アムステルダムほど美しい街ならば、それも理解できるというもの。

・フライドポテトが名物
まさに幻想のなかにいるかのようなアムステルダムですが、その魅力は風景が美しいだけではありません。オランダっ子ならば誰だって「毎日だって食べたい!!」と思っている料理。そう、フライドポテトが名物になっています。

・かなり大量に盛られて渡される
特に人気のお店が『マヌカンピス』(Manneken Pis)です。小便小僧のマークが目印の名店で、ひっきりなしにお客さんが訪れるため、大量のフライドポテトを揚げています。

しかも一人前の量が多く、スモールサイズを注文しても、かなり大量に盛られて渡されます。

・ディップをつけて食べよう!!
ヨーロッパでは、フライドポテトにマヨネーズとビネガーをたっぷりかけて食べるのが常識。

そのまま塩味でも美味しいのですが、酸味がプラスされると、食べ応えが増します。オランダは魚介類も美味しいので、サーモン料理を楽しみつつ、フライドポテトを堪能すると最高ですよ。

・ディナーを食べたあとにフライドポテト
オランダ人によると「フライドポテトは別腹。ディナーを食べたあとにフライドポテトを食べつつ酒を飲む。まさに最高の時間だよね!!」とのこと。

食後にフライドポテト……。なかなかすごい発想ですね。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/09/25/manneken-pis/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP