ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ランチからパーティーまで!注目の“モダンメキシカン”が原宿にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LAS DOS CARASロンドン発の人気カップケーキや、ミラノの行列ピッツァなど、注目の店舗が入店予定の新商業施設「カスケード原宿」が、いよいよ10月3日(土)にオープン!

原宿より徒歩2分という絶好のロケーションに建つ同施設は、飲食店が中心の構成となっていることから、発表当時からグルメたちの間では大きく話題になっていた。

そんな話題の新施設に、いま日本でブレイク中の“メキシコ料理”にフィーチャーしたモダンメキシカンダイニング「LAS DOS CARAS-MODERN MEXICANO Y TACOS-(ラス ドス カラス-モダンメキシカーノ イ タコス-)」がオープンする。

LAS DOS CARAS

同店は70年代に活躍した伝説のレスラー「MASCARAS BROTHERS(マスカラス・ブラザーズ)」の2つの仮面にインスパイアされ、「先進性と伝統」や「多様性と古典」を料理やインテリアで表現。

地下1階と地上1階の2フロアからなる店舗は、地下がテラスを有する開放的なバーダイニング

そして1階は、オーブンキッチン席個室、複数人がかけられる「コミュニティーテーブル」などに分けられているそう。

LAS DOS CARAS

座席数は131席(テラス席は27席)。

料理は伝統的なメキシカンに、地中海料理、アジア料理を融合した「Baja Med(バハメッド)」と呼ばれる、いまメキシコで人気の“美食コンセプト”を起用。

LAS DOS CARAS

タコスは定番プレーンのほか、チポトレやハバネロの炭を練りこんだ生地など、ユニークなメニューもラインナップ。

またサルサは、モルカヘテと呼ばれるメキシコの石臼を使い、目の前で仕上げてくれるので鮮度も抜群。

このほかみんなでシェアできる、ピッチャーサイズのモヒートなど、同店ならではのハッピーなサービスも売りとなっている。

LAS DOS CARAS

いまや“世界的なグルメの聖地”との呼び声も高い原宿エリア。

この秋、ラテン気分で盛り上がりたくなったら迷わずここへ!

LAS DOS CARAS-MODERN MEXICANO Y TACOS-
http://www.lasdoscaras.jp/

グルメ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。