ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【検証】プリンターの「インク残量1%」は本当?衝撃の結果が・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょっとした問題になっています。いま、アメリカで波紋を呼んでいる動画のご紹介。

残量1%表示なのに・・・
こんなに残ってた!?

まず、最初にお断りをしておくと、動画内でやり玉にあがっているくだんのプリンターは、家庭用のものではなく、業務用のプリンター。つまり、年賀状やたまのプリントアウトだけといった日常使いではなく、印刷会社などで使用されるプロ仕様の業務用モデルです。
今回、この動画でインクの残量に疑問を呈している、印刷サービス会社「Bellevue Fine Art Reproduction」オーナーのScott Moore氏。日頃から印刷作業で4台使用しているプリンター「EPSON Stylus Pro 9900」の、インクの減りが異常に速いことに疑問を抱いていたそう。

出てきた量は
約15〜20%分のインク

「残り1%」のサインがでたカートリッジを、強引に開封して中からインクパックを取り出すMoore氏。中身をビーカーに出してみると、ご覧の通りインクがたっぷり。
700mlのカートリッジからは、およそ120ml〜150ml、350mlのカートリッジからはおよそ60〜80mlのインクが出てきました。おおよそ15〜20%近くのインクが、実際にはまだ残っていた計算になります。

この結果を、Epsonに直接問い合わせたMoore氏。しかし、満足いく回答はほとんど得られず、「間違った使い方をされているのでは?」といったような返事が返ってきたそうです。
氏は、意を決して動画公開に踏み切ることでEpsonに対し、「インク測定のシステム改善を真剣に考えて欲しい」と訴えています。

「でなければ、毎月何百ドル分ものインクを無駄に捨てることになるんだから、深刻ですよ」

そもそも、正確なもの?
プリンターのメンテナンスに
「インクが必要」との意見も

決して安くはないインク代。ヘビーユーザーからすれば、確かに深刻な問題。動画に寄せれられたコメントのなかには「サインが出たってまだ使える」「そもそも正確じゃない」など、ユーザーの使用状況によって変わるという内容もちらほら。

カメラ製品のレビューサイト「PetaPixel」には、こんな見解も。「プリンター内のプリントヘッドを保護するためにメンテナンスやクリーニングが自動で行われている。その際にインクが使われるが、インクが不足しているとサインが出て、カートリッジ交換を警告することもある」。
残り少なくなってきていることをプリンター側が喚起し、交換時(インク100%)のパフォーマンスが下がることを警告している。といった解釈もできなくはありません。

「残り1%」のサインが出たとき、あなたなら、どう思うでしょう?

 Reference:PetaPixel
Licensed material used with permission by Bellevue Fine Art Repro

関連記事リンク(外部サイト)

【動画】インドの野犬にカメラを装着。そこに写っていた「過酷な生活」
爆発で見る人類1,000年分の「戦火」。5分間に集約された記録動画
この音を聞くだけで「耳年齢」が分かっちゃう!アナタは何歳?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP