ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

くるり「ふたつの世界」が初登場にしてビルボードアニメチャートを制覇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のビルボードアニメチャートは、くるりによる『境界のRINNE』ED曲、「ふたつの世界」が制覇した。高橋留美子原作の同アニメはこれまでにも複数のロック・バンドと主題歌でコラボ。今回、いまやベテランの域に達したバンドの新曲が見事にアニメチャートを制した。その原動力となったのは高いCDセールス力(2位)に加え、ラジオプレイでの圧倒的な高ポイント。ラジオプレイでアニメチャート中2位となった、さユり「ミカヅキ」をはじめ、後続を大きく突き放し1位となった。また、PCへのCDの取り込み回数を示すルックアップ(5位)や、TwitterでのTweet数によるポイント(2位)でも、それぞれ上位につけている。

 今週2位となったのは秦 基博の「ひまわりの約束」。こちらは総合順位でこそ首位を明け渡したものの、Youtubeの再生回数とストリーミングのポイントでアニメチャート中1位となり、今週も衰えぬ支持の高さを見せつけた。今週アニメチャート3位となったのはLa PomPonによる『名探偵コナン』OP曲の「謎」。過去の人気テーマ曲のカヴァーとして話題となった同曲が、CDセールス1位、ラジオプレイ5位という結果を残し、くるり、秦に続いた。

 4位以下にはGENERATIONS from EXILE TRIBEによる「Hard Knock Days」など、8月以前リリースのロングヒット曲が並ぶ。そんな中、CDの発売は12月とかなり先ながら、今週11位にランクインしたのが、話題のソーシャルゲーム『アイドリッシュセブン』のキャラクターソングである、TRIGGER「SECRET NIGHT」。こちらはCDに大幅に先行してのデジタル配信で、デジタルセールス以外のポイントが全く無い中、チャートインを果たし、ファンの期待感の高さを思わせる結果となった。

 なお、今週SEKAI NO OWARIによる「RPG」が99週目のチャートインを果たしており、“アニメチャート100週ランクイン”まであと1と迫っている。

関連記事リンク(外部サイト)

9月28日付 Billboard JAPAN HOT Animation
西野カナ「トリセツ」が3部門で1位、ビルボード総合首位獲得
AAA、10周年ベストALがダントツで首位に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP