ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴァイオリニスト宮本笑里、3年半ぶりのニューアルバム『birth』が第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、ヴァイオリニスト宮本笑里がリリースした3年半ぶりのニューアルバム『birth』となった。昨年一児の母となってから初めてのアルバム・リリースとなる。ジャケット写真はレディー・ガガをはじめとする多数の有名アーティストを撮影してきたレスリー・キー。宮本が作曲したタイトル曲「birth」をはじめ、「Time To Say Goodbye」「リベルタンゴ」「星に願いを」「ニュー・シネマ・パラダイス愛のテーマ」など、有名曲やヘンデル「パッサカリア」など多彩な楽曲が収録されている。10月2日からは『birth』収録曲中心のプログラムにて、ピアノトリオでの全国ツアーが開始される予定。

 第2位はクラシック・ヴォーカル・グループ、IL DEVUによる2ndアルバム『NUKUMORI』がチャートイン。総重量500Kg、重量級のアーティスト5人による本格的アンサンブルで、メンバーは普段オペラ歌手として活躍している望月哲也、大槻孝志(以上テノール)、青山貴(バリトン)、山下浩司(バスバリトン)、そしてピアニスト河原忠之の5人。収録曲はクラシック曲をはじめ、有名ミュージカル・ナンバー、往年の名曲、オリジナル曲などをIL DEVUらしさを引き立てるオリジナル・アレンジで収録している。9月19日にはお披露目リサイタルを紀尾井ホールで開催した。

 第3位はウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートで四半世紀にわたって指揮者として活躍したヴァイオリニスト、ウィリー・ボスコフスキーによる『シュトラウス・コンサート』がSuper Audio CDハイブリッド化してチャートイン。生粋のウィーン人であるボスコフスキーとウィーン・フィルが残した、ウィンナ・ワルツとポルカの中でも最も有名な楽曲を12曲選りすぐった。約20年間の多岐にわたる録音ではあるが、ゾフィエンザールで統一され、マスターテープの選定からマスタリングまで最高級の機材と技術が投入され、音楽的統一感と濃密なサウンドが蘇っている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

9月28日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
西野カナ「トリセツ」が3部門で1位、ビルボード総合首位獲得
AAA、10周年ベストALがダントツで首位に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP