ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長瀬智也&神木隆之介の映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』特報映像が解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長瀬智也、神木隆之介が出演する映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の特報映像が、公式サイトにて公開された。

 本作は、地獄を舞台に繰り広げられる宮藤官九郎の完全オリジナル作品。不慮の事故により命を失ってしまった主人公・大助(神木隆之介)が、大好きなクラスメイトに会いたい一心で、地獄専属ロックバンドを率いるキラーK(長瀬智也)とともに生き返りを目指す。

 今回、公開された特報映像は不慮の事故で17歳にして命を失った大助による衝撃的な半目シーンと、大好きなひろ美ちゃんにキスを迫る表情から始まる。他には地獄に落ちた大助を「地獄へようこそ」と呼びかけるキラーK(長瀬智也)の姿をはじめ、これまでの地獄のイメージを覆す、明るくて“ロックな”世界が収められている。最後には、クランクアップ会見にて長瀬が“顔で弾いた”と表現していた、キラーKによるギター演奏シーンも。本作は2月6日全国ロードショー。

◎『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』公式サイト
http://tooyoungtodie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

長瀬智也と宮藤官九郎が久々タッグ、神木隆之介が劇中でギター&歌声を披露
佐藤健、神木隆之介と息ぴったり 「役作りも1人じゃ絶対できなかった」
三浦春馬『進撃の巨人』は「プレッシャーがあった」 本郷奏多「春馬くんはめちゃくちゃ男前」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP