ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルース・スプリングスティーン(66)がジャクソン・ブラウンと「Take It Easy」を共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブルース・スプリングスティーン(66)がジャクソン・ブラウンと「Take It Easy」を共演

 ブルース・スプリングスティーンが米ニュージャージーのコンサート会場でジャクソン・ブラウンと共演し、自身の誕生日を一日早く祝った。

 9月23日で66歳になったスプリングスティーンは、レッド・バンクにあるカウント・ベイシー・シアターの客席からブラウンのコンサートを観ていたもののその後、ステージにあがり「テイク・イット・イージー」の12分バージョンを披露した。ブラウンがイーグルスのグレン・フライと共作した同曲は、イーグルスのヒット曲として初めて1972年に米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”の12位にチャートインした曲だ。

 ブラウンは現在、自身のニューアルバム『スタンディング・イン・ザ・ブリーチ』をサポートするツアー中で、同夜はソールドアウト2公演を締めくくるものだった。

 長い付き合いの両者だが、2004年にはスプリングスティーンがブラウンをロックの殿堂に就任させた。また、1979年のライブアルバム『No Nukes: The Muse Concerts For a Non-Nuclear Future』では、2人はローズマリー・バトラーと組んでモーリス・ウィリアムズの「Stay」をライブ共演している。

 なお、『Rock N’ Roll Tour of the Jersey Shore』で同シンガーのお気に入りスポットを案内している“スプリングスティーン専門家”、Stan Goldsteinが撮影したライブの様子が、現在YouTube上で視聴できる。

◎Bruce Springsteen “Take it Easy” with Jackson Browne, Sept. 22, 2015 at Count Basie Theatre, Red Ba
https://www.youtube.com/watch?t=7&v=lUh7HtXyiWg

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・ブラウンが新アルバムを今秋発売 9分に及ぶダブル新曲MVも公開
ザ・ウィークエンドが「キャント・フィール・マイ・フェイス」から「ザ・ヒルズ」に、自身の楽曲で首位交代を果たした、今週の米ビルボード・シングル・チャート
ザ・ウィークエンドの2ndアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』が、3週目のNo,1をマークした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。