ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadが入ればそれでいい。おしゃれ欲もデジ欲も満たすビッグクラッチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いきなりですが、いまどき女子は、デカイカバンなんて持ちません。
必要なものは、iPhone、iPad、財布くらい。iPadがあれば、仕事や友達との約束など、スケジュール管理もさくさく。
そして、コンパクトなバッグのほうがスマートに見えるんです。
そんないまどきのおしゃれなデジ女子にぴったりなのがビッグクラッチ。最近はかわいいものがたくさん登場しています。

持ち方は、さりげなくが鉄則

ginger and sproutさん(@gingerandsprout)が投稿した写真 – 2015 9月 15 6:19午後 PDT

クラッチといえば、小脇にかかえて持ってしまいがちですが、それってかつてのセカンドバッグ?という印象にもなりがち。
角のところをつかむようにして持つと、抱え込んでる感じがでなくて◎。持ちかたひとつで、所作がぐんとスマートにグレードアップします。

ハンズフリーにもなれるタイプも

Mina Utidaさん(@miiina2395)が投稿した写真 – 2015 9月 15 10:12午後 PDT

でもやっぱり、持ち手がないクラッチバッグは何かと不便な気がする……。そんな人は、こんな風に手を通せる持ち手がついたタイプはいかが?
持ち手を手首にぶらさげても持つとハンズフリーになり両手の自由がきくので、クラッチでも持ちやすさ満点。

カフェでも画になる存在

T A Y D A I✺N I N K Sさん(@naho_nakanishi)が投稿した写真 – 2015 9月 14 7:08午後 PDT

デジ女子にとってクラッチバッグが最適な理由とは、写真を撮っても画になりやすい存在だから。
例えば、友達との待ち合わせ時などなんとなく時間を持て余しているカフェタイム。クラッチがおかれたテーブルの上をカシャっと写真を撮ってみて。
クラッチの形がおしゃれな構図に有効的で、フィルターをかければ雰囲気系の写真に。即SNSにアップしたいほど!
気づけばiPadを触っている……、そんなあなたは、ぜひおしゃれなビッグクラッチをひとつ手に入れるべき!です。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
センスひとつで輝く。ファッショニスタが教えてくれたこと
季節感あるポイントがカギ。#SATCキャリー流 秋スタイリング術
パリで注目! カジュアルに着る「kimono」スタイル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP