ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】宮沢賢治やジョン・レノンも魅了した空想劇の謎とき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『不思議の国のアリス 完全読本』桑原茂夫著/河出文庫/820円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』のファンタジーと謎をときあかして、ハラハラドキドキ、なるほどそうであったのか、と膝を打った。

 アリスは勇気ある少女で、好奇心のおもむくまま冒険をする。なにしろ自分が流した涙でできた池で泳ぐんですからね。乱暴ろうぜきがまかり通る公爵夫人の家では「赤ん坊いじめの子守唄」を歌っている。答えのないなぞなぞ「大鴉(おおがらす)とかけて机と解く、その心は?」を、この本では解いてみせます。その答えはエドガー・アラン・ポーの長編詩のなかにあった。

 トランプの女王に襲われる悪夢から目がさめたアリスは、現実に戻ると自分も消えてしまうことに気がつく。夢がアリス・ファンタジーの核となっている。

 続篇として六年後に書かれた『鏡の国のアリス』は、鏡のなかへ飛びこんで、アリスは汽車の客室に座ります。汽車は空を飛んで走る。このシーンはどこかで似たようなお話があるな、と考えた桑原氏は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に思いあたる。

 賢治が生前刊行した二冊の本のうちの一冊、イーハトヴ童話『注文の多い料理店』のために自ら書いた広告文に「……少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中」とあり、賢治はアリスの物語を読んでいたことがわかる。

 セイウチと大工が、海辺で休んでいたカキを散歩に誘い出して、ペロリと食べてしまう、という残酷な話が出てくる。少女アリスを書いたルイス・キャロルは童話の『赤ずきん』をヒントにした。

 一九六〇年代にはビートルズのジョン・レノンが「おれはセイウチ」というナンセンスソングを自ら作って歌っている。ビートルズの映画「マジカル・ミステリー・ツアー」にジョン・レノンが歌う姿を見ることができる。

 と、話は賢治に飛び、ジョン・レノンに飛び、アリス愛好症の筆者は、ルイス・キャロルのさまざまな側面を語る。エピソードがいっぱい出てくるところが本書の魅力となっている。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹中直人、米倉涼子、宮迫博之がハリウッドのスターと鏡割り
紅白歴代外国人歌手の出演 東方神起、Sボイル、Cローパー等
【ジョーク】ロンドン五輪で断食月に当たった選手たちの一言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP