ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性に、悪気なくおごってもらう方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男性は、経済的に余裕があればすべての女性におごってもいいと思っています。
しかし現実は、大本命の女性以外なら「少しでも出してくれたらうれしいな」という気持ちになるお財布状況。
そんなとき、うまいこと男性のプライドを利用すれば、必ずおごってくれるように操作できます。

お店選びは男性に任せる

お店を決めるときに、すべて男性にお任せしましょう。
「そこら辺はあんまり知らないな」「オススメのお店でいいよ!」と、店の情報を聞かないで彼に決めてもらいます。
そうすると、男性は必ず「おごれそうな範疇のお店」を選びます。
さらに、自分が選んだ店ということで、彼女が気に入ってくれたかどうか心配なので、余計におごらせる気持ちにさせやすいのです。

終盤、彼をリスペクトして持ち上げる

食事の終盤では、必ず男性のことを持ち上げてあげましょう。
「仕事できる人って、ほんと尊敬するな」「持ち物もオシャレで高そう」なんて言われると、男性は気分がよくなります。
そのまま格好つけ続けたくなるので、お金持ちのフリをしてくれるでしょう。

財布は必ず出すが、控えめに

会計が運ばれてきたときに、必ず財布を出すそぶりをしましょう。
財布の出しかたは、あくまで控えめにするのがポイント。バッグから出すか出さないかくらいが調度よいでしょう。
その間に「あ、大丈夫だよ」「俺が出すよ」と制止してくれます。
「え? 本当ですか?」「そんな、悪いですよ」と軽めの反発リアクションを見せ、最後に「ありがとうございます」とお礼を言いましょう。
わざとらしく感じるかもしれませんが、お財布も出さないような女性は好感度が下がります。

気分よくおごってもらえばOK

交際していない男性からの誘いの度に出費がかさんでいては、自分を磨くための費用も減ってしまいますよね。
男性は、そもそも「おごってあげたい」という気持ちを持っているので、どうやったらいい気分でおごってもらえるか考えましょう。
女性は、その分美しくなって、男性陣に呼ばれ続けるように努力すればいいのです。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
女慣れしていない男性を、一瞬で恋に落とす言動
男性の「やっぱイケメンには弱いの?」にドキドキさせる返答
興味はあるけど……お見合いパーティのホントのところ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP