ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性有名人と結婚する「一般女性」 実際はどんな人々なのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国分太一(41才)や高嶋政伸(48才)など、近ごろ「一般女性」と結婚する男性有名人が増えているというが、そもそも有名人と出会える一般女性とはどんな人物なのか?

「たいてい“一般女性”と報じられても、実は元モデルとかアイドルだったとか、完全な一般女性であることは少ないですね。あるいは有名企業の広報だったり、パッと人目にとまる美人であることが大前提ですね」(芸能関係者)

 西島秀俊(44才)が結婚した16才年下の一般女性はコンパニオンだったし、伊藤英明(40才)が交際4か月で結婚を決めた妻は元タレント。ロンドンブーツ1号2号の田村淳(41才)の妻は元モデルだ。

「あるいは有名人御用達の飲食店やテレビなどマスコミ業界など、もともと有名人と接点が多い職業である人が多いですね」(前出・芸能関係者)

 確かに国分のお相手は元テレビ局員で、篠原涼子似といわれる松平健(61才)の再婚相手は、テレビ業界ではよく知られた美人だったといわれている。坂口憲二(39才)は芸能人も愛用している老舗料亭で働く女性とゴールインした。芸能レポーター歴29年の井上公造氏はこう話す。

「芸能事務所の立場では、異性のファンが多い有名人の場合、一般女性と結婚するほうが望ましいといわれています。ファンとの関係は擬似恋愛の要素を含んでいるので、妻が有名人だと顔や形がわかるゆえ嫉妬心が生まれてしまう。ただ相手が一般人であれば基本的に顔などが出ないために、不思議と嫉妬のしようがなかったりするんです」

 また芸能界には、全国から「1番になりたい!」という男女が集まってくる。これまで芸能人が妻になると、常日頃夫を支え、縁の下の力持ちになるということができず、離婚に至るケースも多い。

「ある程度の年齢で一般女性を結婚相手に選ぶ男性有名人は、それまでに女優やモデルとつきあうことも多かったでしょうし、彼女たちの負けん気の強さなども見てきているはずなので、恋愛と結婚は別ということがだんだんわかってくる。妻になる女性は、一緒に連れて歩きたい女性ではなく、家で安らげる女性がいいとなるのかもしれませんね」(井上氏)

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
名門小学校の入学式に篠原涼子、阿部慎之助、高橋克典ら出席
西島秀俊 同世代一般女性との結婚だったら祝福されていた説
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。