ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元世界6位富豪日本人「お金はあり過ぎても良いことはない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「かつて『世界6位の富豪』だったと言われても、嬉しくありません。その後に訪れたショックのほうが大き過ぎて、当時の感慨なんてキレイに吹き飛んでしまっているんだから(笑い)」

 こう話すのは、1990年に米『フォーブス』誌の「世界の長者番付」6位に入った麻布自動車会長の渡辺喜太郎氏(81歳)だ。

 渡辺氏が同社を設立したのは1956年、22歳の時だ。新車のオートバイ販売からスタートし、国産中古車や高級外車販売、不動産業へと時代の変化に合わせて業態を転換。業績も飛躍的に伸びていった。

 1980年代に入ると、同社は最盛期を迎える。港区内に165か所を超える土地・建物を所有したほか、アラモアナ・ホテルなどハワイの6つの高級ホテルを買収。銀行からの融資は1000億円を超えた。

「正月は、女優の森光子さんや泉ピン子さん、俳優の高橋英樹さんなど多くの芸能人が、私のハワイのホテルに集まって年越しするのが恒例でした。アラモアナ・ホテルを買った後、ダイエーの中内功さんから『俺も欲しかった。1000億円出すから俺に売れ』って悔しがられたのを覚えています」

 芸能人から経営者まで、当時の渡辺氏の交友関係は多岐にわたった。企業人では、三越百貨店の岡田茂・社長、セゾングループの堤清二・代表、三井信託銀行(現・中央三井信託銀行)の中島健・社長らと深く交際した。

 だが、バブル崩壊で状況は一変。不動産価格が下落し、所有不動産を担保に銀行から融資を受けていたため、担保割れが続出。銀行は同社資産を不良債権と見なして次々にRCC(整理回収機構)に売り払った。

 2007年、渡辺は会社更生法の適用を申請する。「さすがに、この時は悔しくて泣いた」という。

 当時の負債総額は5648億円。会社整理に決着が付くまで20年を要した。その間、RCCから告発され、強制執行妨害や公正証書原本不実記載で2度逮捕された。

「165以上あった港区内の資産は全て売り払いました。今は、子供たちを応援する毎日です。都内に15個ほどビルを所有しているので、年間の賃料収入が10億円程度ある。まァ、80年代は賃料収入だけで年間700億円以上あったのですがね……。

 私の原点は戦災孤児ですから、裸一貫に戻ることは全く恐くありません。ただこれまでの経験で、お金はなければ苦労しますが、あり過ぎても良いことはないことを学びました」

 かつて、世界で6番目の大富豪だった男の言葉は重い。

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
併設の割烹料理店の料理が味わえるラブホ評論家推薦の一軒
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
女子会プランが人気のラブホテル フラワーバスや岩盤浴も完備

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。