ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung Pay、サービス開始から1ヶ月で累積取引金額が3,000万ドル(約36億円)規模に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が、8 月に韓国で開始した新しいモバイル決済サービス「Samsung Pay」について、サービス開始から 1 ヶ月間の累積取引金額が 3,000 万ドル(約 36 億円)規模に達したことを発表しました。サービスは出だしが好調の模様です。Samsung Pay は NFC だけでなく、LoopPay の磁気セキュア転送(MST)方式、バーコード読み取り方式をサポートしたモバイル決済サービスで、MST 方式のサポートにより、既存の磁気カードリーダーでも決済できることから、既に多くのお店で利用できるのがこのサービスの特徴ですSamsung の発表によると、Samsung Pay での累積取引回数は 150 万回に達し、そのうち、60% が Galaxy Note 5 を使用していたそうです。また、全体の 36% が頻繁に利用するアクティブユーザーで、中でも 10% が毎日利用しているそうです。Samsung Pay は現在韓国のみで提供されており、9月 28 日は米国で開始される予定です。その後は、欧州、スペイン、中国でも開始される予定となっています。サポート端末は今のところ、Galaxy S6 / S6 edge / S6 edge+ / Note5 / Gear S2 のみ。Source : Samsung

■関連記事
Xiaomi製ノートPCは2016年上半期に発売される見込み、InventecのCEOが明かす
Pebble、薄くて軽量、円型ディスプレイでオシャレになった「Pebble Time Round」を発表、$249で販売開始
Nexus 5Xのプレス画像が流出、ブラック・ミント・ホワイトの3色存在

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP