ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「受験に恋愛は無駄」発言の母 ネットの反応に驚くも持論変えず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京大学理科III類、それは年間合格者数100人。この狭き門に3人の息子を全員現役で合格させ、「ゴッドマザー」の異名をとる主婦が奈良県にいる。彼女が息子たちに徹底させた、とある受験テクが今、激しい議論の的になっている──。

 3人の息子を難関の私立灘中・高校(神戸市)から東大理III(医学部)に合格させたのは奈良県在住の佐藤亮子さん。津田塾大学卒業後、大分県内の私立高校で2年間、英語教師を務めた後に弁護士の夫と結婚し、専業主婦として子育てに励んだ。

 そんな佐藤さんの“爆弾発言”が飛び出したのは、著書『受験は母親が9割』(朝日新聞出版刊)の発売記念イベントの場で、精神科医の和田秀樹さんと公開対談したときのことだった。『週刊朝日』(9月18日号)の再録記事によると、「思春期には恋愛という課題もある」と司会者に問われた佐藤さんは堂々とこう答えている。

《受験に恋愛は無駄です。1日は24時間しかありません。女の子とスタバで2~3時間、お茶する。年1回ならいいですよ。けれど10回あれば30時間! その時間があれば参考書が1冊終わります。恋愛している場合ではないことを教えましょう》

 さらに、《勉強のスケジュール管理をして、マルつけをして、間違えたら紙に書いて貼り出して、参考書も買いに行きます》《大学受験時の願書は親が書いて、子供に清書させればいい》と、受験には母親が深く関与すべきという持論を展開。

《愛情いっぱいにサポートして、「合格するまでやる」のが母親の役割》と言い切った。こうした発言に、インターネット上には賛否両論の声があふれたのだ。

 ネット上での議論を佐藤さんはどう受け止めているのか? 佐藤さんを直撃すると開口一番、「私も驚いているんです!」と話し始めた。

「普段ネットを見ないのですが、周囲から『大丈夫?』って心配され、よくよく聞いてみると私の発言で“炎上”してるって(苦笑)」

 予期せぬ“攻撃”にさぞ動揺しているかと思いきや、さにあらず。落ち着いた口ぶりで、佐藤さんはこう続けた。

「考えてみるとウチは特殊で、灘校は男子校のうえ、自宅から学校まで片道1時間40分かかります。さらに途中で大阪の塾に寄るから、子供たちは恋愛する時間がなかった。彼らは男友達とばかり遊んでましたよ」

 とはいえ、話が“女友達”に及ぶと一転、毅然とした口調で、ブレない持論を展開した。

「男の子と遊ぶのはいいんですよ。でも、女の子が相手だと、家に帰ってきてからも後を引くんです。私は恋愛自体を否定しないけど、1日は24時間しかありません。とにかく時間が大事なので、起きてる間、学校以外の残った時間は恋愛ではなく勉強に使うしかない。しかも“今”、恋愛をしなくちゃいけないわけではないですよね。受験はそんなに甘くない。大人になると人脈やコネが絡むけど、受験は自分の努力だけが報われる美しい世界です。だから人生を賭けて頑張らないといけません」

 なるほど、どこかの教授と教え子に聞かせてあげたいお言葉! そして公開対談の発言のほかにも、「リビングに勉強机を置く」「カップラーメンやスナック菓子は特別な日だけ」など、さまざまなルールを母子間で定めていると話してくれた。

 …でも、親が「受験に9割」も干渉すると、子供自身の「決める力」が育たないのではないか? そんな疑問をぶつけると佐藤さんは間髪入れず、こう答えた。

「大学に入ってから、私は一切、口出ししていません。決断は子供たち自ら行い、相談されたこともない。大学を出て医師免許を取ってからは何をしてもいいし、医師にならなくてもいいんです。

 よく勘違いされるけど、私が全部お膳立てをしても、実際にやるのは彼らです。小学校から毎日の予定表を私が書いて渡しましたが、それを見て彼らは段取りを学ぶわけです。

 大人が手を貸すと、子供が一切、自分の頭で考えられなくなるというのは間違い。子供は自分でだんだんと学びます。皆さん、子供の自主性を心配しすぎず、子供をもっと信じていいと思います」

 頭ごなしに押さえつけようとしたり、行く末の見返りを期待して必要以上に柔順になったり…互いの立場や価値観がグラグラと揺れ動いている昨今の世間を尻目に、佐藤さんの“後方支援”は実に適切適確で、ゆえに結果が伴ったようだ。

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゲンかつぎとして最近の受験生に人気なのはタコのぬいぐるみ
早稲田「恋愛学」や九大「婚学」など大学で結婚を学ぶ時代に
結婚専門家「結婚は人を成長させる。しないのはもったいない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP