ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偉大なるイエスマン武部勤氏 ボウリングの五輪種目採用画策中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相の無投票再選で存在感がなくなる一方の現職政治家を尻目に、元気すぎるくらい元気なのが“引退”したはずの面々だ。

 実は、森喜朗・元首相や古賀誠・元自民党幹事長は氷山の一角。安保法制に反対し、外国人記者クラブで会見を開いた山崎拓・元副総裁(78)や武村正義・元官房長官(81)、不破哲三・元共産党中央委員会議長(85)など、議席を持たないが一家言持つ重鎮のセンセイ方は多い。

 だが、老政治家の中には、「政治はもういい」という面々もいる。小泉政権時代に「そうはイカンザキ!」の選挙CMで話題になった神崎武法・元公明党代表(72)は、弁護士活動に専念している。

「党の代表だった頃から腎臓が悪くて、今は週3回も人工透析を受けてますよ。酒は毎晩、飲んでるけど。角さんが愛したオールドパーをちびりちびりとね」

 橋本龍太郎政権で官房長官を務めた村岡兼造氏(84)は、「今はなんもやっとらん。週5で病院通っているだけ。体はガタガタ」とそっけない返事だった。

 1983年に税金党を結党した野末陳平・元参院議員(83)は悠々自適の生活だ。

「議員を辞めてもう20年くらいは経つけど、その間に大正大学の先生をやったり、漢詩の講座をやったり。今は都心の一人暮らしという環境を活かして、友達とメシを食い、映画やコンサートに行ったりですね」

 郵政民営化に反対して自民党を離党した綿貫民輔・元国民新党代表(88)は、秘書が「政治活動はすでに引退しているので、とくにお答えすることもありません。現在の公職は全国治水砂防協会の会長と、日本バドミントン協会会長の2つです」と応対した。

 一方、郵政選挙で幹事長として綿貫氏に“刺客”を放った小泉政権の「偉大なるイエスマン」こと武部勤・元自民党幹事長(74)は、全日本ボウリング協会会長。東京五輪の正式種目入りを目指して活動中だ。協会関係者はこういう。

「会長はものすごい熱意です。追加種目一次選考の日のデモンストレーションではストライクを出して、『俺は本番に強いんだ。選考でもストライクが取れるぞ!』といっていました」

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
経団連の政治献金再開 自民と不離一体の集金マシーンの側面
自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと
尖閣上陸問題 2004年自民党政権時も今回同様弱腰対応の過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP