ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死期の近い妻へ、ラブソングを歌う92歳のおじいちゃん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

92歳のHowardさんと93歳のLauraさん。二人は73年間連れ添った、ベテランカップルです。
病気になってしまい先の短い妻Lauraさんを励ますため、Howardさんは車椅子から立ち上がり彼女にある曲を捧げます。

妻を励ますため…
二人にとって大切な曲を熱唱

妻に贈る曲は、ローズマリー・クルーニーの「You’ll Never Know」。こちらが実際にHowardさんが歌う様子。1分3秒から曲が始まります。 

Laura:「大好きよ、あなた」

Howard:「こちらこそ。一緒にいれて本当に幸せだよ」

(ここから歌が始まります)
Howard:「何百回、いや何千回。どんなに離れても君のことを思っているよ」
Howard:「愛しているよ。ずっとね」
実はこの曲は、二人にとって非常に思い入れ深いもの。というのも、第二次世界大戦時にLauraさんが戦場にいくHowardさんへ贈った大切な曲だそう。

この後、Lauraさんは余命1週間になったところで退院。自宅に戻り愛する家族に囲まれて、安らかに眠りについたとか。
歌にあるように、どれだけ離れても二人の心は繋がっているのかもしれません。年を重ねても変わらずに愛しあえるHowardさんとLauraさんは、理想のカップルではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Jukin Media

関連記事リンク(外部サイト)

新しくなったGoogleロゴには、「魔法」がかかっている。
【閲覧注意】空腹のシャチの前を歩く「鳥」。待っていた、悲惨な結果とは?
「長崎新聞」の配達が世界一美しい理由(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP