ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元ネイビーシールズ司令官が教える、最高の1日を過ごす「6つの方法」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米海軍特殊部隊、ネイビーシールズの元司令官Mark Divine氏が、1日を充実させるために毎朝実践している6つのことを明らかにしています。
実はこれ、イラクとの戦闘が続いていた2004年にも取り組まれていたプログラム。これらのルーティーンワークにより、任務を遂行するためのエネルギーを養っていたのだとか。
果たして、強い意志と肉体を必要とする彼らの1日は、どのように始まっていたのでしょうか?

01.
目覚めた後はすぐに
プライベートスペースへ移動

朝目覚めたら、まずは静かで落ち着ける場所へ行く。寝室とは別の場所が理想的だが、あなただけのプライベートな空間であればどこでもOK。

02.
コップ一杯の水で
エネルギー補給

コップ一杯の新鮮な水を飲んで、1日をスタートさせる。

03.
一日についての自問自答

「感謝」を通して、ポジティブな感情を手に入れる。そのためには、自分自身にこう問いかけるのだ。

・一体、何に、誰に感謝する?
・今日楽しみなことは?
・今日の目的や計画は?
・今日は誰を助け、誰に感謝することができる?

04.
5分間の“深呼吸”

「box breathing」という呼吸法をご存知だろうか?これは、私がネイビー・シールズの「SEALFIT Academy」で教えていた訓練だ。横隔膜を使った深い呼吸法で、心を静めてコントロールすることを目的としている。
方法は至ってシンプルで、5秒間息を吸い込み、5秒間息を止め、5秒間息を吐く。その繰り返しだ。

05.
朝日を浴びながら
軽くウォーキング

毎朝太陽を浴び、新鮮な空気を吸って、気持ちが満たされるよう軽い散歩をする。

06.
成功をイメージし、
その日への“勝利宣言”を!

1日の計画を見直し、最後の調整を。その日の大切な計画を上手く切り抜け、成功する姿をイメージする。これで、勝利のメンタリティを手に入れたも同然だ。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

幸せそうな人が、毎日口にしている「17の言葉」
世界の有名CEOが語る、心動かす25の名言。「決断する前に、読んで欲しい」
不安を克服する、3つのコツ。「ピンクの球体」や「風船」をイメージしよう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP