ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の十五夜はワインとスウィーツを片手に!ワインと相性の良いスウィーツを予習♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空が澄んでいつもより満月が美しく見えるこの季節。
今年の十五夜は、満月の下で甘いデザートとワインを楽しんでみてはいかがでしょう。実は月とワインの味わいには不思議な結びつきがあるのだそう。
今年の十五夜は9月27日(日)。
是非大切な人とかけがえのないひと時をお過ごし下さい♪

・満月の下で飲むとワインは美味しくなる!?
「BBC NEWS」によると、ワインは月の満ち欠けによって味わいが変わってくるのです。近年の実験によって満月のときに飲むワインの方が、美味しいと感じやすいという結果が出ました。
確かに満月の下でいただくワインの方が、ロマンティックで魅力が増しますよね♪

・ワインと相性の良いデザート
「SERIOUS EATS」がワインとデザート、おすすめのペアリングを紹介しています。
ワインに合うデザートはずばり3種類。”カスタード系”、“スパイシーなフルーツ系”、“チョコレート系”の3パターン。
白ワインには、カスタード・バニラ風味のデザートがおすすめです。またシャンパンを飲む際は、フルーツ系デザートをチョイスしましょう。
色が暗い赤ワインには、チョコレートやキャラメルなど濃厚なデザートがおすすめです。
今回はワインとのペアリングデザート代表格3レシピをご紹介します♪どれも簡単に作れるため、是非お試し下さい。

<白ワインと相性◎:濃厚カスタードクリーム・ブリュレ>
■材料
生クリーム 4カップ
グラニュー糖 1カップ
卵黄 12個
塩 ひとつまみ
バニラエッセンス 小さじ2
■作り方
準備:オーブンを150℃に温めておく。
1.生クリーム・バニラエッセンスを小鍋に入れ、中火で温める。
2.生クリームを温めている間に、卵黄・塩・グラニュー糖(1/2カップ)をボウルに入れ、ハンドミキサーで混ぜる。
3.温めた生クリームを卵黄液が入ったボウルに加え、よく混ぜ合わせる。カスタード液を耐熱皿に注ぎ、オーブンで30分焼き上げる。
4.焼き上がったブリュレは冷めるまで、放置する。その後冷蔵庫に入れ、2時間程冷やす。
5.グラニュー糖(1/2カップ)をブリュレの上にかけ、グリルで1分間焼く。

<シャンパンと相性◎:ちょっぴりスパイシーな焼き洋梨>
■材料
洋梨 2個
バター 小さじ4
オレンジ果汁 1/2個分
シナモン・ナツメグ 各1つまみ
クランベリー 1カップ
ココナッツクリーム 1/2カップ
バニラエッセンス 小さじ1/8
蜂蜜 大さじ1/2
シナモン 1つまみ
■作り方
準備:オーブンを160℃に温めておく。洋梨は縦に半分にカットする。
1.洋梨を耐熱皿に並べる。バター・シナモン・ナツメグ・クランベリー・オレンジ果汁を全体にかける。
2.耐熱皿をオーブンに入れ、30分程焼き上げる。
3.ココナッツクリーム・バニラエッセンス・蜂蜜・シナモンをボウルに入れ、ハンドミキサーでよくかき混ぜホイップクリームを作る。
4.焼き上がった洋梨・ホイップココナッツクリームをお皿に盛りつけたら出来上がり!

<赤ワインと相性◎:チョコレートムース>
■材料
チョコレート(カカオ70%程の苦め) 265g
水 1カップ
砂糖 大さじ4
ブランデー 大さじ2
■作り方
準備:チョコレートは細かく刻んでおく。
1.チョコレート・砂糖・水をボウルに入れ、湯煎で溶かす。
2.材料が溶けきったら、湯煎から外しハンドミキサーでなめらかになるまで混ぜ合わせる。クリームをグラスに盛り付けたら出来上がり!

赤ワインとならキャラメルを絡めた焼きリンゴも相性が良いでしょう。
今年の十五夜はワインとスウィーツを用意して、忘れられない一夜にしましょう♪

「BBC NEWS」
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/8008167.stm
「Drizzle & Dip」
http://drizzleanddip.com/2012/09/21/3-ingredient-chocolate-mousse-in-5-minutes
「PRIMALLY Inspired」
http://www.primallyinspired.com/baked-pears-cranberries/
「BAKING SENSE」
https://www.baking-sense.com/2015/08/27/creme-brulee-and-sauternes-a-classic-pairing/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP