ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老後の資金作り プロに運用任せる「投資信託」のメカニズム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近「下流老人」が社会問題化しつつあるが、退職前に老後の資金をキープしておくことで、老後の生活水準を保つことは可能だ。

 また、40代、50代のうちから老後資金を作っておけば、時間をかけてお金を増やすこともできる。主婦向けのライフプランセミナーを数多く開催するファイナンシャルプランナーの山口京子さんが言う。

「超低金利の今、定期預金に預けても利息はほとんどつきません。時間があるのだから、せっかく貯めたお金を賢く育てましょう」

 多くの専門家が一様にすすめるのが、リスクを分散しながら資産を増やす投資信託だ。 投資信託とは、投資家から集めたお金を投資のプロ(ファンドマネジャー)が運用して、その利益はすべて投資家に還元される金融商品のこと。株や債券の購入には、まとまった資金が必要になるのに対し、投資信託は自分で購入金額などを決められる。ちなみに、月々1口500円から買えるところもある。

「なんか難しそう」「大損をしそうで怖い」──そんなイメージを持つ人は多いだろうが、決してそんなことはないようだ。家計再生コンサルタントの横山光昭さんは説明する。

「ファンドには、対象が株だけではなく、債券や不動産などが含まれたものがあります。何十種類もの対象に投資するので、一部が下落してもリスクが分散されており、大きな損失にはなりにくい」

 例えば、日経平均株価と連動して動く『インデックスファンド』の場合、大手企業200社以上に投資されているものもある。山口さんがすすめるのは、投資信託の積み立てだ。

「月ごとに購入金額を変えるのではなく、毎月一定の金額で投資信託を買い付けます」

※女性セブン2015年10月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新興国投資に最適な「外貨建てETF」の基礎知識と利点
NISA効果も 1月の日本株指数投信の資金流入は2095億と最高
リタイヤ後の資金 投資運用より資産管理として信託活用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP