ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『アントマン』吹き替え挑戦の内田有紀 キュートな笑顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『アントマン』のジャパンプレミアが9月15日、EX THEATER ROPONGIで開催され、日本語版の吹き替えを担当した、内田有紀(39才)、溝端淳平(26才)、ブラックマヨネーズ・小杉竜一(42才)が出席した。また、初来日となった主演のポール・ラッド(46才)、ペイトン・リード監督(51才)も登場した。

 アントマンの指南役ホープの声を担当した内田は、ポール・ラッドとの初対面に大感動。「笑ってくださるだけでキュンときちゃう」と、メロメロの様子だった。

『アントマン』は9月19日から全国公開となる。

撮影■小彼英一


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹内結子 さわやかな浴衣姿で「世界一周船旅がしたい」
北乃きい 腕組み2ショットでウルトラマンもメロメロに!?
主演映画公開の八千草薫 仲代達也と一緒に和服姿を披露する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP