体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「10時前の出社は、仕事の効率が下がる。」オックスフォード大:研究

shutterstock_288012701Lack of sleep150921-001

俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率を下げるばかりか、病気のリスクが格段に上がるんだとか。いったいその真意とは?
The Telegraph」に掲載されたジャーナリストSarah Knapton氏の注目の記事をご紹介します。

10時前の始業は“拷問”
人間のリズムに反している

shutterstock_257038984startworkat10150921-01

「10時前の始業」は従業員を疲弊させ、ストレスをため、健康を奪っていく、いわば“拷問”のようなものである。オックスフォード大学の学者たちが研究から導き出した答えだ。
55歳未満の一般成人の生活リズムは、9時〜17時の勤務時間には、全くもって適合していないのだそう。朝早くから作業を開始しても、精神状態や気分に深刻なダメージをもたらし、仕事効率を著しく低下させるだけだという。いったいどういうことなのだろう。

神経科学の名誉臨床研究員であるPaul Kelley博士は、人間が本来持つ体内時計に合わせた始業時間へと、学校や職場が合わせていく社会的変化の必要性を訴える人物だ。Kelley博士率いるプロジェクトチームが行った、人間の行動リズムを研究する調査から、こんな結果が得られた。
10代の学生たちに適した学校の始業時間。例えば10歳の学生の場合、朝8時半よりも前に勉強を開始させるのは、脳の機能面から言えば厳密には良くないそう。同様に16歳の場合は10時始業、大学生ならば11時スタートがベストな時間帯らしい。

シンプルに始業時刻をこの時間に合わせるだけで、生徒たちの「成績が10%は上がる」とKelley博士は強調する。かつて、教頭として勤務していた中学校で、始業時間を8時半から10時に変更。その結果、トップグレードを獲得する学生たちが19%増加した実績が氏にはある。

仕事も同じ。早出は
生産性も健康も阻害する

iStock_000003233994_Mediumstartworkat10150921-05

これと同じことは、ビジネスにおいても言える。朝早くから従業員たちを働かせることは、単に彼らの作業効率や生産性を下げるばかりか、健康上の問題を助長するだけだ。

「これは社会的な問題なのです。従業員の始業は朝10時から。彼らは慢性的な睡眠不足を抱えている。労働者は肉体的にも感情的にも疲弊しているのです。それは企業だけでなく、社会全体にとっても大きな損失だと考えてください」

ブラッドフォードで開催された「British Science Festival」の壇上で、Kelley博士はこう主張した。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会