ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮りソング歌うMAXに若い世代「アラフォーとは思えない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 活動スタートから20年が経ち、現在はNana、Mina、Linaの3名で活動を続けているダンス・ボーカルグループ「MAX」(Reinaは活動休止中)。最近では、女性の「セルフィー(自撮り)」をテーマにした楽曲『#SELFIE ~ONNA now~』(7月発売)が話題を呼んでいる。テレビの音楽番組で同楽曲を披露した際は、1990年代のデビュー当時と変わらぬプロポーションとダンスでファンを魅了した。

 同曲のオリジナル、The Chainsmokers『#Selfie』は、2014年に発売されると、即座に全米ダンスチャート1位を獲得、43か国以上でiTunesのトップ5を記録した世界的ヒットチューン。それをMAXがカバーしたわけだが、MAXの「全盛期」を知らない若い世代にも受け入れられているのだという。女子大生のAさん(19歳)は、こう語る。

「たまたま音楽番組を見ていたらMAXが出ていて、この歌を知りました。正直、MAXの昔の曲は1曲も知りませんが、この曲は私が好きなヒャダイン(※前山田健一)さんがプロデュースしていると知って興味が湧きました。ダンスもキレがあって、アラフォーとは思えなかったです」(Aさん)

 また、もともと原曲のファンだったという女子大生Bさん(21歳)は、こう語る。

「元の曲は、女子トイレで女子がガールズトークをしながら自撮りをしまくるというMV(ミュージックビデオ)が刺激的でした。一方のMAX版『#SELFIE』は、ヒャダインが担当した日本語歌詞が面白い。10代や20代の女子が歌うんじゃなくて、あえてバブル世代っぽいMAXが歌っているのがピッタリだと思いました。ちょっとダサい感じなのもまた中毒性があって良いです」(Bさん)

 現在、世界的にブームとなっている「セルフィー」。大人の魅力でこの自撮り文化を歌うMAXは、その全盛期を知らない世代にも注目されているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
木野正人 マイケル・ジャクソンにも称賛されたダンスの実力
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる
高梨沙羅に「試合前どんな曲聴いているのか」尋ねた時の答え

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。