ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画パーソナリティー・LiLiCoが選ぶこの秋に観るべき映画3作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芸術の秋。たくさんの映画を観て、感性を豊かにしたい季節だ。そこで、映画パーソナリティーのLiLiCo(44才)がこの秋公開する映画の中から、3作品を厳選してくれた。

■『ぼくらの家路』(9月19日公開)

 10才と6才の兄弟が母を探す3日間を描いた作品。

「お母さんは子供たちの面倒を全く見ないで男に走るんですけど、兄弟がコーヒーショップのカウンターにある砂糖だけを盗んで、なんとか生きている姿を見て、胸が痛くて痛くてたまらなくて、ずっと気持ち悪かった」

 この映画は親子で見てはいけないとLiLiCoは感慨深げに言う。

「自分が子供だった頃、大人びてたり、無理していた過去を思い出しながら見てみるといいと思います」

■『パパが遺した物語』(10月3日公開)

 この秋いちばんの感動作と呼ばれる今作。主演を務めたラッセル・クロウ(51才)は、脚本を読むなり大号泣したというほどだ。

「ラッセル・クロウ演じる父親のせいで、母親を亡くし、娘は子供時代寂しい思いをしていたせいで、成長してからは、すぐに誰かを好きになってSEXをしてしまう。愛されたいんです。そして父との過去に向き合い新しい人生を歩み始める…とても深い映画になっています」

■『マイ・インターン』(10月10日公開)

「久しぶりに出合った最高の大作! 女性も男性も、オカマも誰もが気に入る映画です!」と、LiLiCoが身を乗り出して話してくれたのがこちら。舞台はNYのファッション業界。アン・ハサウェイ(32才)演じるオンラインファッションサイトのCEOの元に、ロバート・デ・ニーロ(72才)演じる人生経験豊富な40才年上のシニアインターンがやってくる物語だ。

「決められてどうすることもできない年齢というものに対して、たまたまそれが引退だったり、定年退職だったりするんだけど、実際にはまだまだ仕事ができる人っていっぱいいるんです。そういう部分を描いているから、生きる原動力になる映画。私はすごいすごい働いているけど、もっと働こうと思いました(笑い)。そういう映画です」

 LiLiCoは映画を見るシーズンで秋がいちばん好きだという。

「ちょっと寒くなって、ちょっとおいしいものを食べたり、飲んだり、友人や彼氏と一緒にいたいと思う季節なので、見応えのあるものを選んでほしいですね」

※女性セブン2015年10月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山本美月 『PRウーマン』初日舞台挨拶で見せたスラリとした脚
若手芸人集め飲み会のLiLiCo パンサー菅良太郎がお気に入り
LiLiCo ひとりで生きられる手相だと診断され納得する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP