ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたがどれほど努力しても痩せられない「5つのワケ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジムに通って走りこみ、食事のカロリーだって気にしている。なのに、一向に痩せる気配はなし。そんなお手上げ状態の人は必見の記事を紹介します。
mindbodygreen」に掲載されているのは、どれだけ努力しても痩せられない8つの理由。今回はその中から印象的な5つをピックアップしました。

01.
実は逆効果!?
有酸素運動が“長すぎる”

ジムのランニングマシーンで毎日1時間走っているからといって、スリムになるわけではありません。実は、あまりにも長い有酸素運動はダイエットには逆効果なのです。
体は、基本的に運動を「ストレス」とみなすため、コルチゾールというストレスホルモンが放出されます。このホルモンは、溜まったエネルギーをすぐに使おうとするため、短期的にはポジティブ。しかし、長期にわたると、コルチゾールの増加がインスリン抵抗性や骨密度の減少、体重増加へとつながるのです。

02.
オススメされてはいるものの…
フルーツの食べ過ぎ

多くのダイエット法では、食事にカロリーの低いフルーツを勧めています。しかし、フルーツ中の糖分は、小腸でブドウ糖に分解され、血流中のグルコースは、すい臓にインスリンの放出を促すことに。そのインスリンが、過剰なグルコースを脂肪として蓄積するのです。

03.
“不健康な”脂肪の摂取を
やめていない

脂肪にも、健康と不健康があります。不健康なものとは、トランス脂肪酸、オメガ6脂肪酸、および加工油脂など、加工食品を製造するために使用されているもの。
一方、健康なものは、細胞機能を適切に保つために必要で、魚、ナッツ、ココナッツ、肉、卵、アボカド、オリーブなどの脂肪です。多くの人の考えに反し、体重増加にはつながるのは、肉や卵などの健康的な脂肪ではありません。

04.
炭水化物の過剰摂取

典型的なアメリカ人の食生活は、多量の炭水化物で構成されています。これは、血糖値やインスリンレベルに大きな被害をもたらすでしょう。
時間が経つにつれ、脂肪細胞はインスリン抵抗性へと変化。そうなると、どれほど運動をし、カロリー摂取量を少なくしても痩せられなくなってしまうのです。

05.
“浅い睡眠”の習慣化

睡眠不足は、健康を保つうえで見落とされがちな部分。しかし、睡眠パターンは、ホルモンレベルに大きな影響を与えます。
ある研究で、浅い睡眠の習慣化は、体重増加につながることが明らかにされました。一方、深い睡眠の場合は、脂肪燃焼を促すホルモン分泌が活性化するようです。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

1日たった5分で、あなたの腹筋は見違える!米で話題のエクササイズとは?
美しい姿勢をつくる「たったひとつのポーズ」難しいストレッチは必要なし!
【検証結果】砂糖を止めたアナタの身体に起きる「5つの変化」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP