ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リングにもブレスレットにもなる、新感覚の繊細ジュエリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

roomieより転載)
やっぱり好きなのは、女らしさを演出できる繊細なジュエリー。
こぶりなアクセサリーは、つけるだけで繊細な印象を演出できるから、デートのときは欠かせません。
でもちょっと困るのが、サイズ調節が難しいこと。
ブレスレットやアンクレットは、ぴったりサイズのものがなくて、いつもゆるっとつけるしかない……。
それはそれでかわいいけれど、なんだか少しだらしない印象に見えてしまう気します。
そんなとき、簡単にサイズ調節ができる新感覚のアクセサリーを見つけました。

ぴったりサイズで使える繊細アクセ


それが、肌に直接「貼る」アクセサリーのHAQUA(ハクア)」
名前の由来は「箔(HAKU)+水(AQUA)」。その名のとおり、水を含ませて肌に密着させます。

まずはシールを好きな長さにカット。貼りたい部分に付けてから、台紙に水を含ませます。シールが肌に密着したら台紙をはがし、10分ほど乾燥させて完成です。
自分の腕や足首の細さに合わせてカットできるから、サイズ調節が簡単。また、短くカットすればリングに、長いままならネックレスとしても使えます。

上品なタイプのフラッシュタトゥー


使い方からすると、「HAQUA」は、今夏大流行したフラッシュタトゥーのひとつと言えそう。
ただ、これまでのフラッシュタトゥーはどちらかというと大ぶりで大胆なデザインのものが多かったので、「HAQUA」の繊細なエレガントさはとても新しい感じ。
色はゴールド、ピンクゴールド、シルバーの3色展開。上品な色合いなので、オフィススタイルにもハマります。
揺れたり、当たったりしないので、PC作業の邪魔にならないのもうれしいポイント。

ぴったりサイズでより華奢に


一度付ければ、3〜5日はもつそうなので、旅行のときにもぴったり。
しかもうっかり失くしてしまう心配もありません。
ぴったりサイズで、より華奢な印象を演出できる「HAQUA」。
リングにブレスレットにアンクレットに……と、さまざまな使い方を試してみたいです。
[roomie]
(近藤世菜)


(グリッティ)記事関連リンク
やわらかエッジィが叶う、オールグレーコーデ
興味はあるけど……お見合いパーティのホントのところ
初対面でもすぐに打ち解けられる、3つのコミュニケーション術

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP