ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旬のフルーツは贅沢に『果実酒』にしよう♪格別の一杯をお家で…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

沢山の果物が旬を迎えているこの時期、贅沢に果実酒にしてみませんか?
果実酒にすることでお酒の楽しさが広がります。
作り方はとてもシンプルなため、お休みの日に挑戦してみましょう!
自分の手で一から作ったお酒は、格別な一杯となるでしょう♪

■使えるお酒・使える果物を学ぼう!
果実酒に使うお酒はご自身の好みに合せて選びましょう。
果実本来のフレッシュ感を残したい場合は、市販の果実酒用リカーがおすすめです!また濃厚で熟成した味わいを楽しみたい場合は、ブランデーを使いましょう。
果実酒作り初心者さんは、グレープフルーツ・オレンジ・レモンから入るのがおすすめです。これからの季節は旬のりんご・なし・柿・かりんを使っても美味しく仕上ります♪

■これだけ覚えておけば大丈夫♪果実酒づくりのポイント
「aboutfood」によれば、果実酒にはアルコール度数35%のお酒を使うのがおすすめ。のちのち果実から水分が出るため、まろやかに仕上ります♪
また保存する容器は清潔で水分が付着してない瓶を使いましょう。
あとは材料を全て入れて、時々瓶を静かに揺らしたらあっという間に出来上がります。
今回はバーで出されるようなおしゃれで少し変わったフルーツ酒をご紹介します♪

<1.イタリアの伝統果実酒・リモンチェッロ>
シンプルに炭酸水と合わせるのがおすすめです。
■材料
無農薬レモン 15個
ウォッカ 1リットル
グラニュー糖 4カップ
水 5カップ
■作り方
準備:お湯でレモンを洗い、汚れを落とす。その後しっかりと乾かす。
1.レモンの皮をピーラーで剥く。レモンの皮・ウォッカを大きめのピッチャーに入れて10日間程涼しい場所で休ませる。
2.10日後レモンの皮だけ取り除く。
3.グラニュー糖・水を大きめの鍋に入れ、15分程煮詰める。煮た砂糖液は粗熱が取れるまで休ませる。
4.砂糖液をウォッカが入ったピッチャーに加え、よく混ぜる。冷蔵庫に入れて冷やしたら出来上がり!

<2.すっきり爽やか!キュウリ&レモン風味ジン>
トニックウォーターと合せて、いつもとひと味違うジントニックはいかがでしょう。
■材料
キュウリ 1.5本
レモンの皮 1個分
ジン 500ml
■作り方
キュウリの皮は全てピーラーで剥き、薄めにスライスする。
キュウリ・レモンの皮・ジンをピッチャーに入れ、涼しい場所で休ませる。4日毎に全体をかきまぜる。
最後にキュウリ・レモンの皮を取り除いたら出来上がり!

<3.さくらんぼとオレンジ風味のフルーツバーボン>
ジンジャーエールと合せて、甘くてフルーティなカクテルはいかがでしょう。スライスオレンジを添えれば、一流バーのようなカクテルが楽しめます。
■材料
さくらんぼ(冷凍さくらんぼでも代用可能) 2カップ
オレンジの皮 1個分
バーボン 500ml
■作り方
さくらんぼ・オレンジの皮・バーボンをピッチャーに入れ、涼しい場所で休ませる。4日毎に全体をかきまぜる。
最後にオレンジの皮・さくらんぼを取り除いたら出来上がり!

フルーティーな果実酒をバニラアイスにたらして大人向けドルチェもおすすめです♪
果実酒で作ったカクテルとドルチェで、贅沢な秋の夜をお過ごし下さい。

「Family Spice」
http://familyspice.com/recipes/recipe/?recipe_id=104
「martha stewart」
http://www.marthastewart.com/902439/cucumber-lemon-infused-gin

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP