ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

廃墟探検が世界的流行の理由 奇界写真家・佐藤健寿氏が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)で話題のフォトグラファー佐藤健寿さん。世界中の奇妙なものばかりを撮った『奇界遺産』や、監修を務めた『世界の廃墟』は、写真集としては異例のベストセラーとなっている。軍艦島の世界遺産登録もあり、今またじわじわと人気を集めている「廃墟」事情や、新たに発売した本邦初の本格的人工衛星写真集となる『SATELLITE』(朝日新聞出版)について聞いた。

――90年代のブーム以降も廃墟人気は根強く続いていますが、なぜ人は廃墟に惹かれるのだと思いますか?

佐藤:最近になってまた再流行している感じはありますね。今年の初めに出した「世界の廃墟」(飛鳥新社)もおかげさまで三刷となりました。90年代後半から廃墟のイメージというのは余り変化がなかったんですが、最近になりまた訪問する人が、特に若い人で増え始めているのかなと。世界的に、90年代の廃墟イメージが現代のゲームなどにも転用されて、今の若い人たちにいわばネタ元として再発見されているような節もあります。海外でいえば、人気ゲーム「サイレント・ヒル」のモデルになったゴーストタウンのセントラリアとか。

 あとは単純に、ネット発の旅行ブームみたいなこともあるのかなと思います。2000年ぐらいからネットが普及して、10年経ったところでネットやスマホの弊害を感じ始めたり、みんながモニターの中で完結する世界に疲れてきているのはあると思います。海外旅行会社のデータでは、旅行人口は減っているそうですが、いわゆる絶景本は売れているという奇妙な矛盾があります。

 それは多分、みんなが旅行会社で大文字の観光地に行かなくなっただけで、安価で人とかぶらない個性的な旅行をしたい、という要求が高まっているのかなと。その行き先として、廃墟や奇界遺産が注目されているというのは、旅行会社の人にもよく言われます。驚いたのは、廃墟の本を買う人は女性もすごく多いことですね。廃墟には非日常の世界を見ているような興奮があって、しかも、わりと安全に行けて、観光地にはないドキドキもある。そういうプチアドベンチャーみたいなものをみんなが求めているところもあると思うんです。

――最近、廃墟や負の遺産のような場所を観光地化するという流れもありますね。

佐藤:2000年以降、日本が反省期に入っているところがあると思います。今の日本にある廃墟ってバブル期に作られたものもすごく多くて、今もう日本全体が新しい建築を作っていこうと浮かれている時代ではないですよね。さらに3.11を経て原発の問題が表面化して、現在の新国立競技場の問題も「もうそういうのはやめようよ」という流れの方がわりと強いですし。特に欧米では多額の税金や投資で生まれた巨大建造物が、結局は廃墟になった姿を写真にとらえて公に曝すという、社会批評的な文脈もあると思います。

 あとはテクニカルな理由ですね。廃墟マニアの人たちは、素人が押し寄せてその場所を荒らさないように、名前を明かさない場合も多いんです。でも今はネットでだいぶ情報が伝わっている上に、GPSやグーグルマップを使ってルートを出すことが素人でも可能になりました。あとはデジタルカメラの高性能化で、昔と違って暗い場所でも高感度な写真が撮れるようになったり、そういう複合的な要因があるのかなと思います。ただ、アーバンエクスプロレーション(都市探検)やダークツーリズムというものが今世界的に、地下的に流行している流れもありますね。

――なぜ“地下化”の流れができているんでしょうか?

佐藤:大雑把にいえば、趣向の多様化のようなことだと思います。廃墟も人家や坑道などいろんな廃墟がある中で、マニアになると全部を網羅するのではなく、坑道専門というふうにどんどん細分化していっている。細分化はオタクの文化的成熟過程でよく見られることだと思うんですけど、それが廃墟シーンでも起きているというか。海外の人の場合は、結構体を張っていますね。建設が止まっている巨大なビルの一番高いところにいってGoProで撮って、ネットにポストして自慢するような、ストリートスポーツ的な側面もあったりします。

――GPSで場所が特定できたり、ドローンがあり、地理上で空白や未知なものが無くなりつつある中で現代的な探索の形とは?

佐藤:未開というものが失われてきている中でも、実はすぐ身の回りにたくさん未開の場所があった、という考え方がたぶん世界的に行われている都市探検のひとつの原動力にはなっていると思うんです。最近も、テレビ番組の取材中に東京駅の地下に謎の巨大空間が発見されたニュースがありましたが、建設中に放置されたビルとか、軍艦島のように廃墟としてずっと封鎖されている場所とか、身近でほったらかしになっている場所が舞台になってきていると思います。

――新たな写真集は、人工衛星で地球を撮影したということですが、その仕組みは…?

佐藤:アメリカの世界最大の人工衛星企業デジタルグローブ社と協力して、人工衛星を使って、地球の様々な場所を超高解像度カメラで撮影した写真集です。全大陸はもちろん、北朝鮮など世界120か所以上を撮影しました。

――今までにないタイプの「絶景」というのは、どういう風景なのでしょうか?

佐藤:風景という概念をリセットすると解説しているんですけど、視点が変わることで、我々の見慣れた日常が面白い風景だったと再発見できるといいますか。例えば中国の農村部も、普通に見たら面白くない景色だけど、上から見たらデジタルのモザイクみたいな、幾何学的なスケールが町の中に見えてきたり、風景本や絶景本に出てきたことのない誰も知らないような場所も、衛星から見ると特異な形をしていていたり、僕自身、撮影場所の選定や画像調整などの作業をしながら人工衛星でもう一回地球を旅して景色を再発見した感じがありました。

――撮影対象のスケールがどんどん大きくなっていますが、今後やっていきたいこととは?

佐藤:これまでに奇界や廃墟、雪男や少数民族の本を出して、今回は宇宙の本を出して、ジャンルを限らず自分が好きなものを幅広くやってきました。今年だけでも、廃墟、パプアニューギニアのマッドメン、人工衛星と本を出しましたが、その振れ幅で本を出している人ってそんなにいないと思うんです。僕の中では「人類がやってる変なこと」という形ですべて繋がっているんですが。そういう自分なりの世界観で、これからも本を作っていきたいと思っています。

【佐藤健寿(さとう・けんじ)】
武蔵野美術大学卒。フォトグラファー。UFOや雪男などのミステリーや、世界各地の“奇”なものを対象に、博物学的、美学的視点から撮影、取材、執筆を行う。これまでに世界約90か国を訪れている。ベストセラーとなった写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)のほか、近刊に『世界の廃墟』(飛鳥新社)、『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』『ヒマラヤに雪男を探す』(河出書房新社)など。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
観覧車とメリーゴーラウンドの両方が残る希少な廃墟の遊園地
廃墟愛好家が「美しさでは日本一」と評する神戸の廃業ホテル
産業遺産「軍艦島」 最盛期は日本一の人口密度を誇っていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP