ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

亡き母から借金をしていた兄たちの相続額 少なくなるもの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お金に困った時に多くの人が頼るのが親だが、親への借金の返済というものは、どうしても滞ったりウヤムヤになったりしてしまいがちだ。兄弟が借金を返済しないまま親が亡くなってしまった場合、その兄弟の相続分は少なくなるのだろうか? 弁護士の竹下正己氏が、こうした相談に対し回答する。

【相談】
 遺書を残さず母が逝きました。母の遺産は約8000万円。それを私たち3兄弟が3等分することになりますが、問題なのはすでに上の兄たちがそれぞれ母に500万円を借りており、返済していないこと。この場合、兄たちの相続額は500万円分少なくなるはずで、その分を私がもらってもよいですか。

【回答】
 お母さんが貸したのか、あげた(贈与した)のかで違います。貸した場合、お兄さんたちへの貸金債権が相続財産に含まれます。そこで8000万円+500万円×2=9000万円を3人で分けることになり、各自3000万円相当の相続財産を取得できます。しかし、お兄さんたちは500万円の債務があるので、差し引き2500万円ずつになります。

 贈与の場合、民法では遺贈(遺言による贈与)、「婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本」としての生前贈与を特別受益とし、共同相続人間の公平をはかる工夫をしています。

 すなわち特別受益を実際の相続財産に加算した「みなし相続財産」を計算し(持ち戻し)、みなし相続財産を法定相続分で分割し、特別受益を受けた相続人は相続財産の前渡しを受けていたとして、その分を控除します。結果的に生前贈与を含め、法定相続分に従った分配になります。計算式は貸金の場合と同じです。

 ただし、この適用を受けるには、生前贈与が相続人に対する特別受益に当たることと、特別受益の持ち戻し免除の意思表示がないという課題があります。生前贈与が家業への協力などの対価性がある場合や、親としての養育義務の延長であるような場合には、特別受益が否定される場合もあります。

 なお、特別受益は相続人に対する贈与が前提ですが、相続人の配偶者や子供への贈与は、公平性の観点から特別受益になり得ると思います。ですが、被相続人が特別受益の持ち戻し免除の意思表示をしていれば、上記の「みなし相続財産」の計算はされません。

 その意思表示の証明は、特別受益を受けた相続人がしなければならず、実際には稀です。あなたの場合、貸金であっても生前贈与でも、希望される公平な遺産分割を求めることができると思います。

【弁護士プロフィール】
◆竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
父の仕事を1人で継いでも兄弟の遺産を全取りするのは不可能
遺産相続順位 子・孫いなければ父母・祖父母、次が兄弟姉妹
相続税増税の前に始めたい毎年110万円以下の「暦年贈与」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP