体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨の日、屋内でも楽しめる!沖縄のおすすめ観光スポット5選

秋の沖縄旅行で知っておくべき!天候不順でも遊べるスポット5選

最高気温や旅費がピークになる7月・8月を避けて秋に沖縄旅行を計画している方も多いはず。そこで気になるのが天候。じつは秋は沖縄に平年1.7個の台風が接近するという統計が出ており、月間降雨量は例年9月がトップだとか。
雨による影響を考慮に入れていなかったために、当日スマホで「今日どうしよう…」とお出かけ先探しでは時間がもったいない!というわけで、天候不順でも来た甲斐あり!なスポット5カ所をご紹介します。
※お出かけの際は、事前に各施設への問合せを忘れずに!

1.御菓子御殿

御菓子御殿

恩納店では首里城を思わせる朱色の門がお出迎え

沖縄みやげの定番「元祖紅いもタルト」の製造元。本島に8つ、石垣島に1つのショップを構えています。恩納店では「元祖紅いもタルト」の手作りが体験でき、型作りからペーストの絞りを楽しむことができます。
また名護店では「ヤンバルクイナまんじゅう」の工場見学ができ、できたてホカホカのお菓子を味わえるほか、併設の「沖縄歴史民俗資料館」では貴重な展示品から沖縄の歴史に触れることができます。沖縄料理レストランを併設した店舗も。 御菓子御殿
TEL/098-958-7333(読谷本店)
住所/読谷村字宇座657-1
料金/紅いもタルト(6個入り)600円(税抜)、ヤンバルクイナまんじゅう(6個入り)600円(税抜)ほか
「御菓子御殿」の詳細はこちら

2.沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館

ここでしか見ることのできないジンベエザメの雄大な泳ぎは圧巻(海洋博公園・沖縄美ら海水族館)
天候に関わらず沖縄での旅程から外すことができないこのスポット。ジンベエザメの泳ぐ「黒潮の海」の大水槽正面にはいつも人だかりができています。そこでおすすめなのが「美ら海シアター」の上映時間外に開放されている観覧窓。水槽の上部で泳ぐことの多いジンベエザメを間近で見ることができるかも。
また、入口でのチケット購入の列を避けるには、沖縄県内のコンビニエンスストア、道の駅等で販売されているおトクな園外販売券(前売券)を購入するというウラワザもあります。 沖縄美ら海水族館
TEL/0980-48-3748
住所/沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
料金/大人1850円、高校生1230円、小中学生610円、6歳未満無料
「沖縄美ら海水族館」の詳細はこちら

3.沖縄県立博物館・美術館

沖縄県立博物館・美術館沖縄県立博物館・美術館

大充実の展示内容で「時間が足りなかった!」との声も多数

沖縄の自然や歴史、文化をわかりやすい展示で楽しみながら学ぶことができる施設。沖縄といえばアウトドア!という人たちからも「訪れてみたら、予想よりはるかに面白かった」と評価の高い穴場です。
ふれあい体験室には実際に触れられる展示品や沖縄の伝統的なおもちゃで遊べるスペースがあり、三線などの体験もできるのでファミリーで訪れても楽しめます。
ここで学んでから沖縄各地の名所に行くことで、観光がより充実したものになりそう。
常設展示のほか企画展等も好評です。 沖縄県立博物館・美術館
TEL/098-941-8200
住所/沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
料金/博物館常設展:一般410円、大学生・高校生260円、県外小中学生150円、県内小中学生無料
美術館コレクション展:一般310円、大学生・高校生210円、県外小中学生100円、県内小中学生無料
企画展:都度、特別料金
「沖縄県立博物館・美術館」の詳細はこちら

4.シーサーパーク 琉球窯

シーサーパーク 琉球窯
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。